« ロハなピアノ教室 | トップページ | rippon誕生日 »

石油文明の次は何か 1

一昨日、友人からのメールがあった。
時に応じ必要な情報が予期せぬ方からもたらされる。不思議な時代に生きているものだ。
このメールにもそういう不思議さを感じた。

<転載開始>

さて、少し教えていただきたいのですが、下記のHPはご存知でしょうか?
現在自然エネルギーの情報を集めていて、その中で見つけました。
(どうしても太陽光も風力も「売らんかな」の誇大情報が多いので、
実際に即した信頼できる情報を掲載しているサイトを探していました。)
⇒ http://env01.cool.ne.jp/index02.htm

昨日・今日と初めて見たばかりですし、この方の論調は多少偏っている気もする
のですが、
記載の内容や情報の引っ張り方等が信頼できるようにも思え、
ひょっとしてyuponさんご存知かも?と思いメールしました。
(自分としては、ある程度信頼できる情報がほしかったので)

もし、ご存知なければ結構です。お忙しい中すみません。
また、yuponさんの設置された太陽光パネルは順調ですか?
(設置当初想定した発電能力を発揮していますか?)
太陽光は設置時に想定された発電能力が、パネルの温度上昇や設置角度によるロス
等を充分に勘案されていずにトラブルに繋がる事も多いと聞くのですが・・・。

その辺り、忌憚ないご意見をお教えいただければありがたいです。

<転載おわり>

<僕のアンサーメール>
さて、ご案内のHPですが、初見です。これから読みます。裁判のことが書かれてありますね。ここの原告が槌田敦という名があるのが大変興味深いです。
槌田先生は僕がこういう田舎暮らしをするきっかけになる著書「石油文明の次は何か・農山漁村文化協会 刊」という著書を30年近く前に出版されたかたです。僕はその本を読んだことが大きなきっかけになって、この道を歩き始めたといういきさつがあります。(今も槌田先生の学説には同調しています。)

槌田先生を応援するサイトなら精読する価値はあると思います。

太陽電池パネルは僕は新品なら付ける気はまったくなかった。

なぜか?

太陽電池パネルは結局石油エネルギーを大量消費して作られるものだから、そんなもので「エコしてる」なんて言うのはおこがましい。

ただし、リサイクル品なら話は別。
うちのは本来耐用年数を既に消化したパネルのリサイクル・・・・つまり捨てられるものを生かしているわけだから、パネルを生産する石油はゼロと考えていいわけです。(厳密にはパネルの輸送にかかるガソリン分しか石油を使っていない)
だからうちの太陽光発電はエコだと言い切れます。

発電はいまのところ順調です。

なぜ、パネルを設置したか・・・

事の本質は以前から言っている経済問題です。

去年のリーマンショック以来、各国の中央銀行(日銀も含めて)が、金融制度維持のため、マネーを天文学的数量で発行しまくっています。
これがマネーの価値の暴落を誘発するまであとわずか・・・時限爆弾みたいなもんです。


その時限爆弾が破裂したとき、経済はいったん麻痺します。石油に支えられた現代文明もある期間停止する可能性があると覚悟しておいたほうがいい。もう本当に時間がない。みんな大丈夫か?早く目を覚ませ!!と叫びたいくらいです。

マネー時限爆弾が爆発して石油の輸入が滞って、既存電力の供給不安がおきたときにも、最低限の電力を自力で確保するために、太陽電池を備えているわけです。
「マネーが紙くずになる前に役にたつ現物に変えておく」・・・という我が家のサバイバル戦略の一環です。

家を立てているのも、農業資材を集めているのも、農地を確保したり、食品加工のための道具を集めているのも、果てはビールまで自給体制をとっているのもすべてこの戦略の一環であり、それはすべて30年前に槌田先生の本に出会ったところから始まっています。

<転載おわり>

いくつかの鍵となる本との出合いで、20歳のころの僕は田舎暮らしの道を選んだ。
上に紹介した槌田敦 著 「石油文明の次は何か」 はその中の最も重要な本の一つである。
4540810049
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

石油文明の次は何か ★品切れ重版未定★
著者槌田敦 著  定価1,223円 (税込)
ISBNコード 9784540810046
発行日 1981/05
出版  農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数  B6 232頁

在庫なし


友人が紹介してくれたHP 「環境問題を考える」
このページの中に槌田先生の論文「石油文明の次は何か2000年版」もある。
友人によってこのHPのことが知らされたということは、久しぶりに原点に立ち返ってこの年末年始に精読せよ、という天からのメッセージであろう。左サイドバーにもリンクを入れておこうかな。


|

« ロハなピアノ教室 | トップページ | rippon誕生日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

影響を受けた 本 たち」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

ご紹介のHPを見てみたらカウンターが100でした(笑

私はエネルギー投入量と生産量の関係で太陽電池は無駄だと思っています。風力も出力が安定せず電力系に悪影響を及ぼし落雷などで補修費がかさみます。この辺りの話は、こちらを参考にしています。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/tikyuu/
バイオガス技術
http://homepage2.nifty.com/biogas/

もう一つ「マイクロ水力発電クラブ」と言うHPも在ったのですが移転したのか消えています。

解体車の発電機とかバッテリーとか調達できると何かと重宝します。
http://okmeister.hp.infoseek.co.jp/battery/aboutpuls.htm
こんな物を作って遊んだりもしましたが、自動車バッテリーじゃなくて小さな鉛電池でしたので効果は解らず(笑)(無駄な行動が多いな)

暇に任せてトンデモ実験ばかり(笑)自給自足で経済圏から脱出も可能ですから新しい経済が確立しても省エネ生活を満喫できますね。

投稿: kazu | 2009年12月27日 (日) 11時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石油文明の次は何か 1:

« ロハなピアノ教室 | トップページ | rippon誕生日 »