« ニッポン! ちゃちゃちゃ!! | トップページ | かつおぶし »

突然 ザ・フナイが送られてきた

一昨日、ザ・フナイという雑誌が送られてきました。送り主はビデオの法華友の会。
表紙を開くのに、なんかドキドキ胸騒ぎがしましたね。
(定期購読とか注文したわけではなく、送られてきた)

Dscn2957
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそうたる執筆者!こんなに濃い執筆者の並んだ雑誌は近年目にしたことがありません。
特集タイトルは「知られざる真実」
経営コンサルタント船井幸雄氏の主催する雑誌(船井メディア発行)で、巻頭の船井氏の論文に続き、TOP対談というこの雑誌のメイン記事は船井氏と五井野正先生の対談!対談のタイトルは「日本人の知らない天才マルチ日本人」

特集「知られざる真実」の執筆者は五井野正先生、飛鳥昭雄氏、船瀬俊介氏、リチャード・コシミズ氏という当代きっての論客の記事が並んでいます。

そのほかの記事も副島隆彦氏、中矢伸一氏、古歩道ベンジャミン氏らが名を連ね、巻頭の船井氏の論文の中では藤原直哉先生の「ワールドレポート」の記事も6ページに渡って長文引用されています。

これは真剣に読まねば!

それと、雑誌に同封されていた、新聞。(1月4日付けサンケイスポーツ9面・全面広告)

Dscn2958
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さらに拡大(クリックでより大きくなります。)
Dscn2959_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで紹介されている「社団法人 人権擁護安全保障連盟」というサイトを検索してみました。
ヒットしない!?
全面広告に記載されていたURLを入力したらみつかりました。
http://www.human-dignity.jp/
HPを見たけれど、まだ表紙だけで、この人権擁護安全保障連盟というところがどういう活動をしているのか中身は紹介されていませんでした。(今朝=1月14日もう一度アクセスしたら、少し内容が増えていました。今ホームページを拡張中なのかな)

さて、いよいよ「五井野正」という名前が日本の表舞台に登場するのか?

とりあえず「善哉」「善哉」というエールをおくりつつ注目していこうと思います。

この僕のブログでもいよいよ「五井野正」について深く語らねばならないときが来たのか?

某アフリカ掲示板の常連でこのブログをごらんのdaniさん、コメントで突っ込みをいれてくださいな。そうでないとこの話の続きは書けん。昔話(モク拾い・法華三部経大系・ふるさと村情報のころの話)を書く気になるかも。それは、愛するカミサンにも深くは語っていない悩み多き青春時代の思い出。(しかしいつか語らねばならないコト)

左サイドバーに「五井野 正 関連」というカテゴリーを加えました。

まあ、このブログはロハス記事を中心に書いていきますので、今日はここまで。

|

« ニッポン! ちゃちゃちゃ!! | トップページ | かつおぶし »

五井野正 関連」カテゴリの記事

コメント

yuponさん毎度です。
昨日はこちらも雪が積もり(10cm)大騒ぎでした!笑
雪に慣れてない土地なので皆慌てふためきます。
しかし近くの小学校は別な意味で大騒ぎでした。
雪で大変な思いをされている所の方には申し訳ない。

さて2月の福岡の”藤原塾”に申し込みをしました。
今から楽しみです。
色々な方々が色々と語られます。
本当はどこなのか?
悪い頭を叩きながら頑張ります!(^^ゞ

投稿: ゲロリン | 2010年1月14日 (木) 20時05分

全国的寒波でどんだけ雪が積もるのかなあ、と覚悟しておりましたが、郵便の受け持ち区域は20cmほどの新雪で助かりました。うちのまわりは今積雪ゼロです。松本市内も路面は乾いています。ですが、東に数十キロ行った長野県北東部や新潟の十日町にいたっては、新雪が1mを超えたそうです。
その地区のかたには気の毒ですが、こちらは間一髪助かって安堵しています。

九州だと10cmも積もればみなさん「大変ばい」といいながらなんだか嬉しそうなんじゃないですか?

雪をみても嬉しく感じない自分はココロが年をとったなあと思います。

さて、2月の藤原塾、有意義な場にしてください。JALも会社更生法を使った倒産・上場廃止とかで、これから先は日々めまぐるしく変化がおきていきますね。
しっかり足元を固めつつ、元気にやっていきましょう。

またコメントください。僕もゲロリンさんのサイトを見に行きます。

投稿: yupon | 2010年1月14日 (木) 20時45分

何のことかよくわかりませんが、愛するカミサンにも深くは語っていない昔話(モク拾い・法華三部経大系・ふるさと村情報のころの話)聞いてみたいですね。

何でもやるyuponさんの基礎がそこで出来たのですか?

誰も書かないので私じゃ役不足かもしれませんが、気になっているので書きます。

とりあえず「モク拾い」についてお願いできますか?

(次は、「ふるさと村情報」ですね。これは今のyuponさんでわかりやすいかもしれません。「法華三部経大系」は恐ろしい感じがするので後でよいです。)

投稿: 富山 五郎 | 2010年1月26日 (火) 20時47分

富山五郎さん、コメントありがとうございます。

この話はもったいぶってるわけじゃありませんが、じっくり書きたいので気長に見てください。

それと過去も現在も、ぼくは特定の宗教団体に属していません。(厳密にいえば真言宗の檀家だが、普通に法事をお願いしているだけで、特別に僧籍をもっているとかではありません)

大人としてのスタート地点に立った頃(30年近く前)に出会い大きな影響をうけた、五井野正という不思議人物についての思い出をいつか書きたいと思ってます。
五井野正さんは今も現役で活躍中の方です。
ネット上で検索すれば、あまり数は多くはありませんが氏を紹介するページなども見つかります。
氏がいったい何者であるのか、30年近くずーっとウォッチングしていますが、いまだに自分では結論がでていません。


投稿: yupon | 2010年1月27日 (水) 06時27分

yupon さま

了解しました。

五井野正さんを検索しましたが、何とも判断できませんが、

当然すばらしい面をお持ちだと思います。

yuponさんは若い頃そこを受けたと思います。

投稿: 富山 五郎 | 2010年1月27日 (水) 20時05分

ドイツから初めまして。
「五井野正」で検索して貴ブログに来ました。

そうですかぁ。モク拾いですかぁ・・・( -_-)遠い目。
 
もしかしてリアルでお会いしてたりして(^^ゞ
ちょっと懐かしくなってコメントしてみました~♪

投稿: Bontaka | 2010年10月14日 (木) 08時25分

Bontaka さん、こんにちは。初コメントありがとうございます。そちらさまのページも拝見しました。
地球温暖化は、地球の自転速度の変化と関係あるということですか。

僕のブログでも五井野先生の思い出について書こうかと思っておりますが、僕にとってあまりに難しい話題なので、書けずにおります。

煩フルのヤッズ★さんほどのハタラキはできませんねえ。

ヨーロッパ人に浮世絵の反応はいかがですか?

僕は浮世絵は自分で集めて愉しんでいるだけで、
あまり人さまにお見せしたことはありません。

投稿: yupon | 2010年10月15日 (金) 18時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然 ザ・フナイが送られてきた:

« ニッポン! ちゃちゃちゃ!! | トップページ | かつおぶし »