« かんてんぱぱ | トップページ | 我らのバブル時代 1986-1990 »

小川神社 御柱祭 2

昨日、良い天気だったので、美麻の郵便配達の途中で小川村の小川神社の御柱を見学に行ってきました。

今年の御柱です。
神社の下手1・5kmほどの、県道長野大町線(県道31号)通称オリンピック道路 の脇に飾ってあります。
Dscn3089
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段はかなりの高速で車が行き交うこの道路も5月3日の祭当日は全面通行止めになります。
Dscn3090
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今は車も人通りもまったくありませんが、当日は「どこからこんなに人が集まってきたんだ」というくらいの賑やかさになります。騎馬行列や長持ち、踊りの連 に続いて柱は朝10時くらいから「里引き」され神社までの1・5kmをゆっくり引かれていきます。

20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
20m動いては止まり、酒が振舞われ、
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・
             ・

神社手前の急坂。ここを上るころには、酒も相当に回っています。祭は最高潮です。↓


Dscn3091
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小川神社正面です。↓
Dscn3092
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<以下引用>

式内社 信濃國水内郡 小川神社 由来
旧郷社

御祭神
正殿 健御名方命
相殿 大己貴命 言代主命


長野県の小川村にある。
小川村役場から西へ1.5Kmほどの小根山に鎮座。
31号線の南に、鎮守の森のような境内がある。

境内入口は南側。
商店のような建物の間に、褐色の鳥居が建っており、
参道を進むと広い境内。

参道正面に黒い屋根の拝殿があり、
左手に赤い屋根の御射山神社がある。

拝殿の後方に、背の高い本殿覆屋があり、
内部に流造の本殿がある。
覆屋側面の窓の部分がガラスになっており本殿が見えるのだが
写真ではうまく撮影できなかった。
良く見ると、本殿屋根の後方部分が、覆屋からはみ出ている。

創祀年代は不祥。

社伝によると、祭神・健御名方命が出雲での武甕槌命との戦いに敗れ、
母神・沼河比売命の郷里・糸魚川を経て信濃を開拓。
母神への往来(糸魚川街道)の要衝である当地に
村民が、その徳を慕って奉斎したという。

継体天皇の皇子・兎王の後裔、酒人公は
天武天皇十三年(684)冬十月、眞人の姓を賜い、
その一族が当地に来て、布留山(古山、当社背後の山)に居を定めた。
清和天皇の頃、この地を小川の荘と称したので、
酒人小川眞人と称して、当社を篤く崇敬した。

後、小川氏となり、小川左衛門貞綱の頃大いに栄え、大社となった。
式内社・小川神社に比定されている古社。

瀬戸川の同名社を奥宮、当社を里宮と考えられるが、
現在、それぞれの小川神社は独立した神社となっている。

明治六年村社に列し、大正九年郷社に昇格した。
<引用おわり>


御祭神が健御名方命ということで、諏訪社と同じですね。

今は人影もなく静かにたたずんでいます。↓
参拝させていただきました。
今年も山小屋の会一同で御柱祭に参加できそうです。ありがとうございます。↓
Dscn3094
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梶の葉紋の幕
Dscn3093
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
元イスラエル大使のエリ・コーヘン氏によると、この梶の葉紋はユダヤの燭台「メノーラー」のデザインに似ている・・・とか??
そう言われればそうかもしれませんが、まったく関係ないとも思える・・・
メノーラー ↓
Yarmulkeandmenorah

手水場
Dscn3096


今年の御柱祭のポスターをいただいてきました。
Dscn3083


|

« かんてんぱぱ | トップページ | 我らのバブル時代 1986-1990 »

山小屋の会」カテゴリの記事

ご近所のこと」カテゴリの記事

コメント

yuponさん
今年は県内あちこち御柱祭ですね!諏訪だけじゃなかったんだね?
来月は遠山郷でも御柱祭です!4日です。和田の周辺がものすごい熱気に包まれる事間違いないでしょう!観に行かれますか?でもその前に今月末の遠山藤原学校ですかね~
さて昨日から小田原におります。尊徳マラソンと藤原事務所主催の夜話の会に参加する為火曜日まで滞在します。
マラソン2時間以内に完走できればと…
まあ楽しんできます。
随時ブログ更新…

投稿: ワイノ | 2010年3月14日 (日) 05時27分

ワイノさん、いまごろ尊徳マラソンを走ってるかな。
4月4日の遠山諏訪神社の御柱は見てみたいのですが、今月2回遠山にいくので(23日ごろ大谷さんと会って遠山農園の打ち合わせやら下準備、それと下末の藤原学校)、そこまで立て続けにいくのはちょっとムリかも。もし行けるようなら一緒に楽しみたいですが・・・直前にならないとわかりません。

諏訪の神様(タケミナカタノミコト)を祀る神社は、諏訪大社に限らず御柱を建てるようですね。

投稿: yupon | 2010年3月14日 (日) 11時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小川神社 御柱祭 2:

« かんてんぱぱ | トップページ | 我らのバブル時代 1986-1990 »