« 遠山郷の開拓~相を変えて醗酵するために | トップページ | ブドウの搾りカスで作るワインビネガー »

水飴仕込み フルマッシング・ボック・ラガー酵母

珍しく家族みんなが不在。一週間の一人暮らしです。
外は新雪の銀世界。朝6時から ゆる~く水飴を仕込んでいます。

昨日一昨日は今月2回目の遠山郷行き。デジカメはripponが持って行ってしまったので、しばらく画像が撮影できません。

今回の遠山郷は農作業(畝作り)とお茶畑の手入れが主な作業でした。昨日行われた藤原直哉さんの授業は藤原直哉インターネットラジオで早速UPされていてhttp://naoyafujiwara.cocolog-nifty.com/ipodcasting/2010/03/2010328-a44e.html、それを聞きながらこの記事を書き、さらにフルマッシング製法で麦芽を煮込んでいます。
(中央構造線の謎について、今回はだいぶ詳しい授業でした。是非おききください。)

久しぶりのフルマッシング製法の水飴仕込み。今回は北米産モルト+ripponが麦茶を作ろうとして焦がしすぎて炭寸前になってしまった自家栽培6条大麦を色付けに使って、ダークカラーの水飴を目指しています。まだしばらく気温が低温なので、使用酵母はラガー酵母の予定。水は遠山から汲んできた、超硬水の「観音霊水」です。


粒モルト3kgをまず、製粉機でごく荒く砕いて、液温66-70度をキープしながら90分糖化させます。
あと30分だな。煮込み終わったら ろ過工程ですが、それはけっこう手間のかかる作業なので、記事をかくのはここでオシマイにして、これから仕込みに専念します。


次回のフルマッシングは自家栽培の2条大麦を使ってこの秋以降にやる予定です。(6月に収穫予定)


Reisui


追記

仕込みおわりました。初期比重1.040 ・・・仕込み量 13.5 リットル ちょっと歩留まりが悪かったかな。
ビターホップ; ナゲット30g
アロマホップ; ザーツ10g

本格派ボックになりそうな予感!です。


|

« 遠山郷の開拓~相を変えて醗酵するために | トップページ | ブドウの搾りカスで作るワインビネガー »

黄金の水飴」カテゴリの記事

遠山郷にいこう(藤原直哉関連) 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

今、放送を聞きながら書いています。会いに行かないと始まらないのですね。

¥100LEDライトの改造が終わりましたので送ろうかと思っています。メールで送付先を教えて下さい。

投稿: kazu | 2010年3月29日 (月) 11時06分

kazuさん、いつもコメントありがとうございます。
そのうえkazuさん手製のLEDライトを送っていただけるそうでありがとうございます。

今日の藤原先生の遠山でのお話を聞いていかがでしたか?

今年は遠山でのイベントの中で主に農園方面を中心にスタッフとしてやることにしました。

木沢のたまり場で是非一緒に飲みましょう。
夜トイレに行くときはkazuさんのLED懐中電灯をつけて・・・(夜中真っ暗な木沢小の廊下を通らないとトイレにいけませんから。)

ネットの中だけで判った気になっていると意識が石=チップの中に固定されてしまいます。石の中から抜け出さねばなりません。そのためには肉体を使って行動しなければなりません。そのために我々は肉体与えられているのだとおもいますよ。

あとで直メールで住所おしらせします。

投稿: yupon | 2010年3月29日 (月) 12時56分

メール頂きました。

夜中のトイレだとLEDライトは目が覚める色なので向かないと思いますが・・・

kaopon用の赤色LEDフラッシャーを接着剤で補強し忘れたのでチョット時間が掛かると思います。(回路の勉強タップリしました)

元が¥100LEDライトの改造なので送料の方が高いかも(笑

投稿: kazu | 2010年3月29日 (月) 22時59分

気楽な一人生活を楽しまれていますか♪
ビールの色って麦で色づけできたんですか〜。
無知な私はなんで黒いビールなんだろうと思っていました^^;
本格的ボックの出来上がりが楽しみですね〜!!

投稿: まっく | 2010年3月30日 (火) 14時16分

まっくさん、こんにちは。そちらも仕込みは順調のようですね。

ベースモルトは低温で乾燥させたモルトでアルコール原料になる糖分はベースモルトの中にあるアミラーゼという酵素を利用してでんぷんを糖分に変えます。

アミラーゼが効果的に働くのは66-70℃です。

一方ビールの色つけは、高温でベークしたスペシャルモルトを使います。うんと焦がせばスタウト・ボック級になりますし、中温域だとIPAやナッツブラウンみたいな色になります。
麦をベークした風味(こく)も加わります。

本来スペシャルモルトはモルト(麦芽)を使うのですが、今回は本文記事に書いたような事情で焦げすぎの大麦がいっぱいあったので、色付けに使いました。

投稿: yupon | 2010年3月30日 (火) 14時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水飴仕込み フルマッシング・ボック・ラガー酵母:

« 遠山郷の開拓~相を変えて醗酵するために | トップページ | ブドウの搾りカスで作るワインビネガー »