« メキャベツとサンチュ 畑の様子1 | トップページ | お花見 »

アイスランドの火山噴火

アイスランドで火山が大噴火、ヨーロッパの飛行機の運航に多大な影響がでているそうですが、噴火のダストによる穀物の不作というのが大変気になります。今年の天気はもう滅茶苦茶ですからね。遅霜もずいぶん遅くまでくるんじゃないかと心配しています。

参考
1783年6月アイスランドのラキ、8月に浅間山が大噴火を起し、火山灰が北半球を覆い不作が数年続いた。日本では天明大飢饉となり田沼意次が失脚、一方欧州では1789年フランス革命となる。

食料不足に備えていまのうちに(騒ぎにならないうちに)、2-3年の基礎食料=穀物とか乾麺とかは各家庭で備蓄しておくべきでしょうね。

騒ぎになってから買いに走るのはハタ迷惑というものです。余裕のあるうちにそっと確実に備えておくのは「知恵」です。
備えておけばイザというとき自分も家族も縁ある人も助けることができますから。(もうそろそろ「イザ」じゃなくて「確実におきる」ハラをくくっておいたほうが良いかも)

アイスランドの噴火について、ときどき見にいっているnoffyさんというブロガーさんのサイトで大変参考になる記事がUPされました。みなさんもご覧ください。
地球の記録  アイスランドの火山噴火が導くかもしれない未来


|

« メキャベツとサンチュ 畑の様子1 | トップページ | お花見 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アイスランドの火山噴火:

« メキャベツとサンチュ 畑の様子1 | トップページ | お花見 »