« 寝台の作成 | トップページ | 建築「現場」が「部屋」になる瞬間 2 »

建築「現場」が「部屋」になる瞬間

工事は居間の床板張り工程に入りました。
設備工事が全部終わっているわけではないので、フローリング材を全面に張ってしまうわけにはいきませんが、居間部分(9帖)のみフローリング材を張ろうと思います。

何軒か家をセルフビルドしてきて思うのですが、フローリング材をはると急に建築「現場」が「部屋」になるのです。
この瞬間が好き! ・・・で何軒も家を建てているのかも?


BEFORE 構造用合板の床。 きれいに掃除してフローリング張りを始めます。
Dscn1036
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フローリング材です。
幅90mm 長さ180cm 厚み15mm のナラ材フローリングです。
母屋を建てるとき、離れ用に余分にまとめて買ってあった材を母屋床下から運び出しました。

Dscn1043

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まず、特殊加工から。
OMソーラーシステム(太陽熱利用床下温風暖房)の温風吹き出し口を開けます。

Dscn1041

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな感じ
Dscn1044
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日明日で目標の部分を張りたいと思います。暑いけれど、FIGHT!!

|

« 寝台の作成 | トップページ | 建築「現場」が「部屋」になる瞬間 2 »

家のセルフビルド 現在進行中の様子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築「現場」が「部屋」になる瞬間:

« 寝台の作成 | トップページ | 建築「現場」が「部屋」になる瞬間 2 »