« 建築「現場」が「部屋」になる瞬間 | トップページ | 再開します »

建築「現場」が「部屋」になる瞬間 2

BEFORE

Dscn1036


AFTER

Dscn1052


Dscn1053


Dscn1054


|

« 建築「現場」が「部屋」になる瞬間 | トップページ | 再開します »

家のセルフビルド 現在進行中の様子」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

化粧版を張ったのですか?養生を外したのでしょうか?

キャスター付きの椅子で化粧合板がボロボロになります。とげが刺さるのでホットボンドを塗りクッキングシートを当ててアイロンで仕上げます。(我が家の対策)

ホットボンドとクッキングシートで簡単クルミ製本の応用です。霞ヶ関のPdfファイルは直ぐに本のようになりますが、中身は薄い?

¥100ショップのまな板2枚で書類を挟みC型クランプで固定。こば面にホットボンドを塗りクッキングシートを当ててアイロンで仕上げる。2cm間隔で書類に鋸目を入れると強固に製本できます。表紙を巻いてアイロンを当てて接着。はみ出た表紙をカッターで切れば綺麗に製本できます。(大型裁断機でバッサリするのだが)

投稿: kazu | 2010年9月 1日 (水) 23時40分

kazuさんこんにちは。
一応この部屋のフローリング材は無垢板です。
母屋でも使用していますが、結構丈夫です。(今で4年半使用)
最初にウレタンニスで表面をより強化しておきたいと思ってます。

製本のご指導もありがとうございます。

投稿: yupon | 2010年9月 2日 (木) 03時50分

こんにちは

無垢材とは贅沢な仕様ですね。セルフビルドならではの贅沢?

と言うか昔は全て無垢材で家を造っていましたから21世紀の家なのでしょうね。

金のために本来の姿をねじ曲げたのが20世紀のような気がします。

投稿: kazu | 2010年9月 2日 (木) 11時32分

こんばんは。
広々といてウッディでいい部屋ですね。
ぼくも板間を仕事部屋にしていますが、素足が気持ちいい。
セルフビルドとは、ご立派です!

投稿: ゆうでん | 2010年9月18日 (土) 21時49分

yuponさん、長らく更新がありませんが、お元気でしょうか? 気になってます。

投稿: 稲穂 | 2010年9月22日 (水) 07時44分

稲穂さん、ゆうでんさんコメントありがとうございます。

はい、元気でやっております。でもちょびっとだけ取り込みごとがあり、しばらく更新せずにおりました。お気遣いありがとうございます。

月が改まりましたらまた積極的に更新したいなと思っておりますし、多分そうなるでしょう。

時の流れの速さに追い抜かれそうですが、着実に足元をすくわれないように行きたいですね。

投稿: yupon | 2010年9月22日 (水) 09時57分

yuponさん お元気だったんですね。よかったです。これから長いこと更新しないときは、忙しいからしばらくお休みします等々メッセージお願いしたいです。yuponさんには悪いのですが、つい「怪我でもしたんじゃ~」なんてネガ波動を送ってしまってました。「忙しい」ならああ元気でがんばってるなという波動を送れますから。

投稿: みーこ | 2010年9月23日 (木) 12時38分

みーこさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

・・・そうですね、告知なしに随分更新が空いてしまい
余計な気遣いをさせてしまいました。

週明けくらいからまた気合を入れなおしてブログ書きます。

もうすぐブログを始めて1周年です。初心に戻ってこつこつと書いていきます。これからもよろしく。

投稿: yupon | 2010年9月23日 (木) 21時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 建築「現場」が「部屋」になる瞬間 2:

« 建築「現場」が「部屋」になる瞬間 | トップページ | 再開します »