« 秋の家族ハイキング 守屋山 | トップページ | 稲刈り »

トイレの便器設置!

完成を間近にしてめっきりペースダウンしてきた増築工事(はっきり言って息切れ状態)

10月18日にトイレの便器を設置しました。

公共下水道に接続する普通の水洗便所なんですが、便器というのはパーツが多くて大変そう・・・・だけど組み立ては意外とスムーズにできました。

最近のこういう建築パーツは、熟練工でなくても素人でも組み立てられるようにとても工業化されてるんですね。今回水周りの工事を全部やってみてそう思いました。

ripponがタイルでトイレの床を貼ったあと、続いて便器の設置です。

まず、VU100の塩ビの下水管に便器の専用パーツを接着。

Dscn1427

続いて便器本体

Dscn1428

さらにタンク

Dscn1429

ここで水道(便器の左下に見えている金具)と接続して、水が溜まるか流れるかなどの調整をします。

最後にウォシュレットを設置してできあがり

Dscn1430

こう書くとサクサクできたように思えますが・・・まあ面白かったですね。

|

« 秋の家族ハイキング 守屋山 | トップページ | 稲刈り »

家のセルフビルド 現在進行中の様子」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

床のタイルは切ったのでしょうか?

あの大きさで切って仕上げたならプロ並みですね。

投稿: kazu | 2010年10月22日 (金) 23時11分

kazuさん、毎度です。

タイルの加工施工は妻の仕事です。(100%任せています)
母屋のときも妻がタイル工事をやりました。
専用のタイル切削冶具を作って、器用にタイルをディスクグラインダーで切っております。

近日中にその様子をUPします。

投稿: yupon | 2010年10月23日 (土) 06時21分

こんにちは

プロはガラスカッターの様な物でガラス面に傷を付けてU字型の金具に挟んで割ります。

ガラスカッターはダイヤモンドの刃先の形で何種類もありますからタイル用のカッターを使って職人は切るのですが。

グラインダーとは器用ですね。

腰板の隙間もなく目地の間隔も綺麗でプロでも丁寧な仕事の部類に入ると思いますよ。

写真からはタイルの傾きも無さそうなので完璧な仕上げじゃ無いでしょうか?

大きなタイルは傾きが非常に出やすく小さなタイルは多少傾いても目立たない。

職人認定合格では?

投稿: kazu | 2010年10月23日 (土) 10時28分

kazuさん、お褒めいただきありがとうございます。
妻に伝えておきます。

タイルは表面にあまりガラス層のない(光沢のない)ものを選んでいます。それと極力油汚れが目立たない配色・表面形状のものを選んでいます。

・・・掃除ぎらいの人らしい選択ですね。

投稿: yupon | 2010年10月24日 (日) 21時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トイレの便器設置!:

« 秋の家族ハイキング 守屋山 | トップページ | 稲刈り »