« 稲刈り | トップページ | 日記(メモ)2010 10 24 »

我が家にテレビがやってきた

我が家に終にテレビがやってきました。

(併せて、母屋-離れ間の電話回線とインターホンも設置完了)

この10数年テレビのない平安な暮らしを愉しんでいたのですが、11月末に完成予定の離れに住まう母親のために、地デジ対応のテレビ32型・エコポイント付きを購入しました。

僕自身はテレビという媒体によるマスゴミの情報操作は、この時代には本当に有害無益だと思うのですが、年寄りの数少ない楽しみなのでテレビを設置しないわけにはいきません。

大変残念で悔しいのですが、涙を呑んでテレビを導入することにしました。(離れに設置)

我が家では購読していないのですが、テレビの番組欄をみるために新聞を買わなければならないのでしょうかねえ? 地デジテレビの「番組表」を母親が使いこなして、「新聞がなくても番組表はわかるから、新聞は要らんわ」ということになれば良いのですが・・・・

NHK受信料と新聞代 払いたくないよお・・・ 年に約五万円?・・・もったいないなあ。

Dscn1444

|

« 稲刈り | トップページ | 日記(メモ)2010 10 24 »

コメント

おはようございます。
以前、家に寄らせてもらった時はテレビなかったけど新聞もとってなかったんですね?
新聞購読するならやはり信毎ですか?
後、今週の遠山藤原学校ですが明日の夕方遠山入りします。アルコール入ってなければ31日夜帰ります。

投稿: ワイノ | 2010年10月28日 (木) 08時11分

ワイノさんこんにちは。コメントありがとう。
亀レスすみません。遠山郷今回も楽しかったですね。

母屋のテレビはまだ結線していないので写りません。
DVD専用機です。

母屋にはテレビは要らないと僕は思ってますので、結線工事は僕はやりません。家族のだれかがTVを見たければその人が自分で結線工事をすればいいと思ってます。

新聞・・・大根を包んだり焚きつけにする、あのまやかしのまじないの文が刷ってある紙の束のことですね。

投稿: yupon | 2010年11月 3日 (水) 07時49分

こんにちは。
テレビ・・・あの正力某が米国の意向にそって日本に設置した洗脳電気箱のことですね。まあしかし、そのようにテレビを思っている日本人は数%かもしれません。残念ながら我が家にも1台あります。ほとんどDVD用ですが。7時のニュースは、何をどう報道するかとウオッチングしますが。あと、料理番組か。しかし、すべての番組が制作意図をもってつくられているわけですから、しかもスポンサーありきですから、右ならえ、あるいは左ならえ。たまには上(天)にならえばいいけれど、滅多にありませんね。とにかく、自分の常識とテレビの常識の乖離を確認するために観ているという変な趣味であります。
長々と失礼しました。

投稿: ゆうでん | 2010年11月 5日 (金) 09時07分

ゆうでんさん、こんにちは。コメントありがとうございます。

わははは! ポダムの洗脳電気箱の見方はゆうでんさんと僕と同じですな。

うちではこれまで画面なしで音声でのみ朝夕7時のNHKニュースを聞いていました。ゆうでんさんと同じく
何をどう報道するかとウオッチングするのが目的です。

現在、アンテナからのTV電波は全部離れの新しいTVに接続して、母屋ではFMラジオを聴いています。ラジオのニュースの方が耳で聞く分には優しいですね。

投稿: yupon | 2010年11月 5日 (金) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家にテレビがやってきた:

« 稲刈り | トップページ | 日記(メモ)2010 10 24 »