« ぼおーっとしています。 | トップページ | 久しぶりの郵便配達 »

冬季郵便配達請負業務 開始

さて、もう十数年続けてやっている、冬季の郵便配達請負業務が今日から開始です。

3月の中旬まで約3ヶ月 、時間を切り売りしてお金に換える生活の始まり・・・

休みは日曜のみ。正月前後は2週間くらい休日なしで配達です。

くれぐれも事故(車の事故&誤配達)のないように自分に気合をいれつつ、黙々と淡々とこなしていきたい。(始まりがあり終わりがある仕事だからなんとか出来る。入社から定年まで延々と切れ目なく郵便を配ることのできる郵便の正社員というのは、僕にとってはオソルベキ異人種だ。)

基本的に朝から行って午後2時ー3時ころには終わる仕事なので、印刷の仕事は並行してこなせるし、やりくりしたらいろいろやりたいことはこなせるのですが、泊まりで遠出というのができなくなる、この点のみしばらくガマンです。

心配なのは、請負期間中に中東あたりでドンパチ始まってガソリンが目茶高騰すること・・・3ヶ月で約700リッター使うので、いつぞやのように高騰するとかなり痛い。まあ、いつも入れてるスタンドで400リッター分だけチケットは購入済みなので、そのスタンドが倒産しないことを祈りつつ・・・です。

郵便の仕事、と軽んずるなかれ。

この十数年の郵便の稼ぎ分≒自宅の建物2棟の材料費 なんだからね。

|

« ぼおーっとしています。 | トップページ | 久しぶりの郵便配達 »

仕事」カテゴリの記事

コメント

 冬の郵便配達ご苦労様です。

わが家(カミさんの実家)も郵便局やっていました。カミさんの親父の代で辞めたようです。
ジイさんが局長していた頃は、のどかだったようで、
仕事の合間の遊びが忙しかったようです。

何せ子どもが7人の「子道楽」と言われ、川に山にと子供達との「遊び」が忙しかったようです。

結局、長男は後を継がずに終わりました。
もしやっていれば私も郵便配達やっていたかも、
雪道の配達(とくにバイク)は気をつけて下さい。
10年以上のキャリアの方には、十分に知り尽くしている事と思いますが、ケガにはご用心です。

さて、寒波が近づいているようで、スキー場・民宿・旅館等など、首を長くして雪が降るのを待っていますね。もう12月もまん中です、恵の雪が降りますように、みんな雪ごいしてるかもですね。

昨日は大入り(平日は1500名以上)が出ました。この不況の時代に有り難い事です。

これからが冬の本番、お互い雪道の走行に注意しましょう。

投稿: 群馬の藤康 | 2010年12月16日 (木) 11時19分

藤康さん、こんにちは。

昔の地方の郵便局はのどかな職場だったようですね。
ぼくが郵便の冬季請負をはじめたころも、その雰囲気はかすかに残っていました。
郵政公社、そして民営化の中で、年々働きにくい雰囲気の職場へと確実に成長(?)しています。
僕の勤めている局はそれでもまだ田舎なので、マシかなと思いますが、都会の局ではかなりのNB(noumen B-tama)率みたいですよ。正社員さんはゆうぱっく小包の販売ノルマとかあって、売れない人は「自爆」で自分あてに買ってるみたいです。

僕の業務形態は「請負」です。
受け持ち配達区域の郵便物を自分の車で配る。(メンテナンス・ガソリンは自己負担)。だから僕の軽トラは黒ナンバーです。
タイムカードなどはありません。早い日は3時間で配りおわるけど、雪が降ったりすれば夕方までかかるときもあります。

毎年同じところを配っているのですが、それでも年に一回くらいは側溝にタイヤを落としたりするので、脱出用に7つ道具を積んで走っています。

スキー場もなかなか経営が大変なようですが、お客さまが順調に来れば良いですね。お互いがんばりましょう。

投稿: yupon | 2010年12月16日 (木) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬季郵便配達請負業務 開始:

« ぼおーっとしています。 | トップページ | 久しぶりの郵便配達 »