« 雨にもまけず | トップページ | 霜月祭(遠山郷・木沢熊野神社)のTV放送 »

離れ増築の記録 1

離れ増築工事はほぼ完了しましたが、ブログの記事として新シリーズ「離れ増築の記録」をはじめます。 カテゴリー「建築アーカイブ」内にまとめます。

本来母屋の建築工事(2004年ー2005年)を優先して記事にするべきなんでしょうが、写真の記録媒体が普通のフィルム写真なので、デジタルの記録がある離れの建築記録を先に公開しましょう。

増築工事は2008年5月着工です。

建坪は東西3間半 南北4間の14坪 平屋、ロフトの物置スペースを広くとった作りです。

構造は外側の壁がツーバイシックス材、間仕切りなど建物内部はツーバイフォー材を使用した枠組み壁工法です。

建築の設計、簡易構造計算 、建築確認申請など 法律・申請などについては県建設事務所に何度も通いながらすべて自前で書類を作成し、認可を得ました。

基本的に30坪(100㎡)以下の建築物は、建築基準法に合致していれば、建築士でなくても設計・施工ができます。 それ以上の大きさになると建築士による設計・施工管理が必要になります。

建物を建てている自宅の敷地は、建築基準法上、都市計画区域内の無指定地域。基本的に建築確認申請さえだせば、あまり難しい法律上の規制がない用地です。

着工は2008年5月

着工前、地面に建てる場所を石灰で描く。

Dscn1583

基礎コンクリートを打つ部分の溝をほるために掘る部分の線をひく。

周囲にある木の枠は、位置決めのための遣り方(やりかた)

Dscn1587

レベルを使って高さの水平を出す。遣り方に水糸を張り対角線の長さを同じにして、基準線の直角などを保つ。(長方形・四角形は対角線の長さが等しいという算数を使う。この方法は建築物を立てるときに必ず使います。あと使う算数はひたすら直角三角形のピタゴラスの定理です。すなわち、 平面幾何学において直角三角形の斜辺の長さを c とし、その他の辺の長さを a, b とした時

3ae71ab3eb71d3d182a3b9e437fba6ee_4


なる関係が成立するという幾何学の定理である。つまり中学生の算数で家は立つ!!

↓ バックホー(お隣の設備工事屋さんから拝借)で根切り工事(溝掘り)

Dscn1588

Dscn1589

Dscn1594_2

↓根切りしたところ

Dscn1597

掘った溝に割り栗石を敷き詰め、砕石を入れて突き固める

Dscn1599

ということで、 次回につづく

|

« 雨にもまけず | トップページ | 霜月祭(遠山郷・木沢熊野神社)のTV放送 »

建築アーカイブ 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

本職じゃないですか(笑

チョット気になるのは基礎の地中長(埋まっている部分の長さ)が短くはないかな??

って今から言っても遅いのでしょうが、基礎の下に霜柱が立たないように地面から30Cmは基礎を埋めるのですが・・・

盛り土とか施したのか?現状の写真では気になる所です。

投稿: kazu | 2010年12月10日 (金) 23時05分

kazuさん、写真だとあまり深くはみえませんが、凍結震度30cmはギリギリクリアしてます。
本当はもう10cmほど掘り込みたかったんだけど、機械の小ささや、掘り返した土の置き場が無くてギリギリでやっちゃいました。(母屋のときはあと20cmは深く掘り込んだのですが・・・)
躯体が立ち上がって2冬越しましたが、凍上の影響はないようです。

投稿: yupon | 2010年12月12日 (日) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 離れ増築の記録 1:

« 雨にもまけず | トップページ | 霜月祭(遠山郷・木沢熊野神社)のTV放送 »