« 初常会 | トップページ | 4月の遠山藤原学校へ行きます »

子どもの安全基準、根拠不透明

このブログに 「原発事故 関連」 というカテゴリーを加えました。左サイドバーの下のほうにカテゴリーというのがあります。そこのなかの 「原発事故 関連」 をクリックしていただきますと、原発関連の記事がならびます。3.11の震災以後ほとんどこのカテゴリーの記事ばっかりですね。

////////////////////////////
小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
http://hiroakikoide.wordpress.com/
です。ぜひご覧ください。
////////////////////////////

小出先生に注目する人が俄然増えてきました。良いことです。

それと僕の従兄弟、福島第一原発所長 吉田昌郎さんにもマスコミの注目が集まってきています。
原発内の最新映像を撮影した青山繁晴氏が映像を解説
http://www.youtube.com/watch?v=eUPXDXQ5E0c
現場のリーダーとして本当によくやってくれていると思って応援してます。

現場の人たちの奮闘をムダにしないためにも、この国の政治や国のあり方、また自分たちの暮らし・生き方を良い方向に変えていかねばなりません。

まず、「良い方向に変えよう」「自ら変わろう」
と意識しなければ何も変化はおきません。

正しく意識することで、場がその方向に変化する。

仏教でいう 正念 というやつですね。
正念場 とはこういう状況のことをいうのでしょう。

八正道
正見、正思惟、正語、正業、正命、正精進、正念、正定


さて、ここから今回の記事の本題です。
すごい動画がUPされてます。必見です

////////////////////////////
ブロトモ ゆうでんさんからのオススメ動画です。
子どもの安全基準 根拠不透明~市民の追究で明らかに
http://www.youtube.com/watch?v=jnOD55uLA7c&feature=player_embedded#at=13
////////////////////////////

上記動画の解説 


福島老朽原発を考える会をはじめ3団体の呼びかけで21日、文部科学省が児童の放射線許容量を年間20ミリシーベルトとする安全基準を出したことに関して、その数値を撤回するよう交渉を行った。出席した文部科学省と内閣府原子力安全委員会の担当者は、ほとんどの質問に対して回答することができず、子どもの安全基準の根拠が不透明であり、きちんとしたプロセスがとられていない可能性があることが明らかとなった。

交渉に出席したのは、文部省のスポーツ青少年局学校健康教育課や原子力安全委員会事務局などの係長クラス4人。文部省の担当者に対して、主催者側から「20ミリシーベルトが放射線管理区域よりはるかに上回るレベルであることを理解しているか」との質問に対し、「個人的に、放射線管理区域は存じていない」と回答。管理区域の線量レベルが年間5ミリシーベルトであり、労働基準法上18歳以下が働いてはいけないことになっていることや、20ミリシーベルトは原発労働者が白血病になった際、労災認定されるレベルであることなどを知らなかったことから、会場からは「そんなことを知らずに決めていたのか」との声があがり騒然とした。
  
また、20ミリシーベルトという安全基準を誰が決めたのかとの質問に対し、内閣府原子力安全委員会の事務局担当者は、19日に内閣府原子力安全委員会が「問題なし」と決定し、助言したと回答。しかし、5人の委員が会合を開いた事実はなく、また議事録も見たことがないという。更に、国の設定した20ミリシーベルトには食物などや土ホコリなどによる内部被ばくなどは含まれてないことがも判明し、再び会場は騒然とした。
 
1時間半近くにわたる政府交渉の結果、市民からは、子どもたちは既に校庭で遊び初めており、一刻も猶予がないとして、(1)20ミリシーベルトの基準を撤回して欲しい(2)少なくとも、20ミリシーベルトを安全とする根拠や審議の過程等が示されるまでは、20ミリシーベルトを撤回して欲しい、との提起がなされた。これに対し、政府交渉の調整にあたった福島瑞穂事務所は、すぐに入手可能な回答は今日21日の夕方までに、また新たに検討すべき回答は明日22日の午前10時までに回答を得るようにすると確約、政府交渉は終了した。
 
OurPlanetTVがこの模様をUSTREAM中継をしたところ1300人が視聴。出席した担当者がほとんど回答できないことに対して怒りのツイートが相次いだ。また、若い担当者しか出席しなかったことに対し、「なぜ責任者がこないのか」といった声が殺到。OurPlanetTVの事務所にも、「なぜ、文部科学省は責任者をよこさないのか」と怒りの電話が入った。
  
学校などの放射能汚染に関しては、原発震災復興・福島会議が福島県に対して、0.6μSV/h以上の学校の授業中止と学童疎開を求めて要望書を提出している。
  

|

« 初常会 | トップページ | 4月の遠山藤原学校へ行きます »

原発事故 関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの安全基準、根拠不透明:

« 初常会 | トップページ | 4月の遠山藤原学校へ行きます »