« 新聞にもこういう記事が! | トップページ | 水になれ! Be water! my friends!! »

放射線が遺伝子を傷つける とは

放射線が遺伝子を傷つける とは?

遺伝子が傷つけられた胎児には奇形が発症する確立が高まります。

チェルノブイリの事故後に生まれた子どもたちの奇形。

そしてこれから何年後かに生まれる福島原発の影響

そのときには、東電も、いや現在の日本国の政治体制も瓦解してしまっているかもしれない。

その状況のなか我々はこの放射能汚染をどうするかという現実と向き合わなければならない。


↓ 大変悲しい現実の記録。とても怖い画像です。ちょっと覚悟して見てください。
チェルノブイリが残した生物日誌 極端な影響を受けた奇形患者達
http://blog.livedoor.jp/weekchange-beronupes/archives/51175670.html

|

« 新聞にもこういう記事が! | トップページ | 水になれ! Be water! my friends!! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

原発事故 関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射線が遺伝子を傷つける とは:

« 新聞にもこういう記事が! | トップページ | 水になれ! Be water! my friends!! »