« マンネンタケ(霊芝茸)の栽培 2  (GOP五井野プロシジャー) | トップページ | 麦刈りと田植え準備 »

福島原発の現状 2011・6.17

福島原発の事故関連の記事をしばらくUPしていませんでした。
毎日いろいろとネット上で情報は拾うようにしているのですが、
現況を説明してくれている動画を紹介します。

いつも当ブログで紹介している京大小出先生の言論をフォローしてくれているサイトからです。


小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ 6月16日 メルトスルーより深刻な状態
は是非ごらんください。
TV朝日の2011年6月16日(木)モーニングバードの「そもそも総研」コーナーの動画です。

原発の事故は、現状ではもうゲンダイの科学力では事故を収束(冷却)することができないところまで進んでしまっているという事実。政府マスコミは、とりあえず作った「工程表」に沿って事故の収束を図ると言っているが、もはやそのような対処でなんとかなるレベルではない。冷却水の除染・循環どころか、冷却水をかけてもメルトスルーしている核燃料には届かない状態になっている。

その状況のままで、より多くのの放射性物質が汚染水・地下水を通じて環境中に恒常的に出続ける。

そして現地は今後数十年・百年単位で生物に被爆の影響が出る放射能汚染が続く ということ。
被爆・発癌を覚悟しなければ故郷で暮らせない百万人単位の人たちが居る、という現実。

もう甘い考えは捨てて、この事実といかに向き合うかを考えねばなりません。

基本は「放射能汚染対策で出来そうなことはなんでもやってみる」ことでしょう。
もう政府も学者にも打てる手はない。

当ブログでも紹介しているGOP(五井野プロシジャーの)のこと、そして高島康豪博士の複合発酵技術による放射能除染、この2点が僕が個人として今後「やってみる」ことができそうな分野です。この点についてはじっくり腰をすえて取り組んでいきたいと思っています。

どうしたら、この国を再生できるか、どうぞ皆さんも個々人のレベルからできることを考え、実践していってください。
そんな実践が横につながってこの国は浄化され再生していくのだと思います。
繰り返しますが、もう政府や学者に任せておいても彼らに打つ手はないのです。

PS 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ のサイトはこれまでこのサイトを運営されてきた方からこの20日で次の方にバトンタッチされるそうです。この種の情報集め・発信を毎日欠かさず続けるというのは大変なことです。
管理人さんご苦労様です。 

|

« マンネンタケ(霊芝茸)の栽培 2  (GOP五井野プロシジャー) | トップページ | 麦刈りと田植え準備 »

原発事故 関連」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
そうですか、そうですね。現況は、もう後戻りの効かないところまできてしまっていると。開高健さんが、「明日世界が滅びようとも、今日りんごの木を植える」なんて色紙に書いてましたね。今日という人生がある。できることをできるかぎり。そう思います。

投稿: ゆうでん | 2011年6月19日 (日) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の現状 2011・6.17:

« マンネンタケ(霊芝茸)の栽培 2  (GOP五井野プロシジャー) | トップページ | 麦刈りと田植え準備 »