« いま できること | トップページ | 次は富士山・浅間山??? »

雑感 これからどうするか

更新がしばらく止まっていますが、家族全員健康で元気にやっています。本業(服の印刷業)は景気が良いわけではないが、切れずに仕事が続いているし、農作業は本当に毎日限りなくやる作業があって収穫も山盛り、食べきれないほどの(しかも質の良い食物)に囲まれて大変シアワセな状態です。

このところfacebookを中心に更新を続けています。リアルにやっていることはfacebookを中心に発信していきたいと思うので、是非facebookを通じて「お友達」になりましょう。http://www.facebook.com/profile.php?id=100002238226594&sk=wall

facebookは実名を晒してやっているわけで、匿名のブログよりも現実世界に一歩近い。このブログは一応匿名の世界だが、別に匿名にしておく必要もないので改めて実名を公表しておきます。筆者の実名は吉田裕一。facebookではそれで探してください。

このブログを今後どうするか、ということでいえば、facebookでは表現しきれない考えをたまにまとめる場にしていきたいと思う。ブログとかfacebookとか書くのは面白いけれど、PCにあまりに多くの時間を使うのは不可能だ。

なお、この記事は2-3日かけて書き足していきますのでよろしく。

さて、本題に入る。

facebookをやっていて思うのは、ネットというバーチャル世界を超えて実際の人間同士で手をつなぎたいという欲求・願望が人々の間で急速に高まってきているなということだ。それもこれまでの「金」を媒体とした縦型リーダーシップではなく、気持ちの通じる横型リーダーシップである。

「縦型」リーダーシップ」というのは上下関係の中で、下の者は上の者に「生殺与奪」の権を握られている状態。

「横型」リーダーシップ」においてはその「場」に参加するか否かはその個人の自由意志による状態。来る者拒まず去るもの追わず の人間関係だ。

このあたりのことについては藤原直哉さんが今週のインターネットラジオ放送で詳しく語っているので是非お聞きいただきたい。藤原直哉の「21世紀はみんながリーダー」 2011年8月10日 新しい日本を創る力

今、急速に20世紀型の縦型リーダーシップ社会が終焉を告げつつある。確かに2011年3月11日以後我々はそれ以前とは別の世界(時代)に突入したように思える。(地獄が何層にも分かれているとしたら、一段下の層の地獄に突入した。)

世界経済・デジタルマネーの世界も最終的な崩壊が本格的に始まったようだし、人々が寄って立つ「会社」「国家」などが劇的に終わろうとしている。資本主義という社会システムが砕け散る現場にまさに立ち会っているわけだ。 

大多数の日本国民が都市に暮らして「金さえあれば食べ物を無尽蔵に買える」状態は極めて近い将来完全に終わるだろう。そのとき、日本民族の大移動が始まる。実際に騒動がおきてから慌てて配給の行列に並ぶ愚を冒すことのないように、気づいた人は着実に手を打ってほしい。僕はそういう風に手を打つために行動している人と交友したい。

中学のとき「石油ショック」がおきて大阪の馴染みの商店街(空堀商店街や玉造商店街)の店頭からトイレットペーパーや食品などがあっという間に消えたことが僕のトラウマになっていて、だからこそ、生活を自給できない都会には金輪際住みたくない と思って実際に田舎暮らしをはじめたのが26歳。以来ずっと田舎暮らしを楽しみつつ自給体制を育ててきている。

「こういう話は怖いから考えるのも嫌」という人も多いかもしれないが、皆がココロの中では劇的な社会の変化が来るということはわかっていて、だからこそこれまでの「会社」などの縦型リーダーシップではない別の新たなつながり=「横型」リーダーシップを求めはじめていると思う。

実はfacebookを始めてから主に3つのグループでfacebook友達が増えている。一つは上記の藤原直哉さんが代表理事を勤める「日本再生プログラム推進フォーラム」を通じて新たに知り合った人々とのグループ。次は高校時代のワンダーフォーゲル部のOB会ネットワーク。もう一つは、中学の同窓会グループ。

いずれも、その「場」に参加するか否かはその個人の自由意志による状態・・・という横型リーダーシップの世界だ。

高校ワンダーフォーゲルのOB会はここ数年極めて活発だ。僕はクラブの18期だが、クラブのヒトケタ代の先輩諸氏はいわゆる団塊世代。そろそろ会社もリタイアで、「第2の人生をどうしようか?」と考えたときに「やっぱり自分は山や自然が好きなんだ、もう一度山に登りたいな、楽しかったあの頃に戻りたいな」ということで、なおかつ自分たちだけでは面白くないので若いOB世代も巻き込んで一緒に遊ぶ場を作っている。

また、中学の同窓会グループも活発にfacebook上で交歓している。中学卒業後それぞれに社会生活を営み生きていくなかで、自分の意に沿わない仕事や生活をすることもあったろう。ところが中学卒業後35年を経て、これまでずっと寄って立ってきた縦型社会が終わろうとしている・・・そのときに、自分が戻れるココロの原点を求めて中学時代の知人との再会を求めているのだろう。自分は本当は何がしたかったのか?どういう風に生きたいとあのころの自分は思っていたのか?

こういう過去への回帰そのものは僕は否定しない。それで自分が寄って立つ原点が確保できて元気になれるなら、過去への回帰もまた良し。これら中学・高校のfacebookグループは「過去~現在形のグループ」と言える。

ただ過去への回帰だけで終わってしまっては空しい。過去のココロに戻って元気になっても、現実の生活でこれまでと同じパターンを繰り返すのみでは意味がない。それでは我々が直面している社会変化の大峠を乗り越えることは難しい。

このブログの以前から読者のかたにはお判りだと思うが、僕は大人になってから一貫して横型リーダーシップの中に身を置いてきた。いわばずーっと一匹狼状態。それは僕の強みでもあり最大の弱みでもある。

まあ、この20年間は毎年3ヶ月ほど郵便の仕事をしてその時間だけは縦型社会の構成員を経験して自分の時間を切り売りしてお金に換えているけど、一貫して自分がやりたいようにやってきた人生だったと思う。経済的には極めて不安定であるがそのことに不満を覚えたり、「間違った人生の道を選んだなあ」という後悔はしたことがないと断言できる。

だから改めて中学や高校など「自分のココロに素直にいきてきたあの頃」に戻る必要は感じない。

facebookで交流しているもう一つのグループ「日本再生プログラム推進フォーラム」の方は、中学・高校のグループとは違って「これからどういう風に生きようか」「誰と手をつなごうか」という現在~未来形のグループだ。

このグループの人たちはこれまで寄って立ってきた縦型社会の崩壊の中で、「改めてこれからどうするか」を真剣に考えるなかで藤原直哉という触媒を通じてヨコに手をつなぎ始めた人たちのグループだ。facebookというネット上のツールだけでなく、この1-2年実際に会って始まった交友関係であり、じつに多種多様な職種の人間が入り乱れていて面白い。

「これからどうするか」というこの記事のタイトルに戻るならば、たまに「過去~現在形のグループ」に顔を出して遊びつつ、現実には現在~未来形のグループの中でリアルな人間関係を育てていきたいと思っている。

|

« いま できること | トップページ | 次は富士山・浅間山??? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。お久しぶりです。
雑感読みました。同感です。

私は、3.11以降、殆どフクシマ原発関連の話題をブログに書いてきて、かなり興奮状態の文章も多くなり、よってますます倦厭されるような感じになって、コメントも激減して・・・言葉をぶつけてもダメなのだと思い至って今です。笑うしかないね。

以前に書いていた、スピリチュアルな話題へ戻そうと思っていますが、自分自身がバランスできておらず、かなり精神にほころびができてしまったと感じています。物理現実界の力は強いです。

よって私もしばらく休止状態(ブログの)。そんな近況です。まともに話が出来る人間が身近にいないので、いつもの孤独をば。

ぐちってしまいました。やはり、笑ってください。

では、アスタ・マニアーナ

投稿: ゆうでん | 2011年9月 6日 (火) 00時10分

まあ!沢山の裕一君がでましたフェイスブックで探せ無かったわ五井野博士ブロシジャー 作り方ありがとう

投稿: 前田 | 2012年12月 9日 (日) 21時51分

本名(yupon) で検索すれば一発で出るとおもいますよ。
お友達申請は基本的にこれまで会ったことのある人か、面識の無い方については、メッセージ機能などでキチンと自己紹介してくれて「自分はこれこれこういう者だから、あなたとfecebookで交流したい」と仁義をきってくれるかたのみ受け付けております。

投稿: yupon | 2012年12月11日 (火) 02時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277888/41190327

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感 これからどうするか:

« いま できること | トップページ | 次は富士山・浅間山??? »