« 『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』 | トップページ | 吉川彰浩 講演会             in 大町・北安曇 »

新しい暦が始まる

未了仮UP
自分のコトバで書いてみた。
散文だが、いまの気持ち・感想です。

原発は動かしやすそうなところから「再稼動」の指令がでるでしょうね。100万人で国会を囲むことでは動かすのは止められない。福一の事故現場、いまだに放射能だだもれ・・・・でおそらく、健康被害が実際に多発してくるだろうが、なるべくマスコミ報道しないように圧力をかけたうえで、「ダイジョウブです」の題目を唱えて知らぬ存ぜぬを繰り返すだろう。従って、住民レベルでの避難・疎開の支援しか福島の人たちをサポートする手立てが無い という状況が次の総選挙まで続くおそれがある。
事態が急変するとしたら、また大地震で他の原発がボンといくか、福一の4号炉プールが目に見える形でバッシャンと倒れるか・・・・いずれにしても大被害はさけられない惨事であると思う。
今度福一で大きなアクシデントがあっても、震災直後みたいに体を張って被害の拡大を食い止めてくれたベテ...


いまから約30年前、
大学に入る前まで、僕は原子力発電というものは人類がこの文明を維持発展させていくためには、アブナイけど欠かせない「必要悪」だと思っていた。
しかし、アメリカのスリーマイルアイランド原発事故をきっかけに、自分なりにいろいろ調べてみると、原発は「必要悪」なのではなく、「必要のない悪」だと悟った。そこから、ゲンダイ文明のいろんな問題点に気がついて・・・結局人類がこの地上で持続可能な社会を作るためには、都市に集中して住まうのではなく、可能な限り分散して自然のフトコロの中で生活を構築しない限り、根本的な解決などありえない、という結論に達した。

そして、自らそう気づいたのだから、それは実践しないと自分の人生に対してウソになる・・・そう思った。

我々の世代はノストラダムスの1999年7の月・・・・をマジに信じていた世代である。僕も「たぶんあと少しで自分の人生も世界もおわるだろうが、その前にたとえ少しでもいいから、本当に人として、持続可能な生き方を実践してみたい、それが自分の人生のテーマだ」と20歳ころにマジに思っていた。

おりしも一番年齢の近かった従兄弟・吉田昌郎さんが東工大の院を出て東電に就職し、福島第2のプラントを建設しているころで、僕は「原発の現場もみておかねば」と思って昌郎さんにつれていってもらったこともある。

当時はドイツでも「緑の党」ができ巨大科学にたよらない「ソフトエネルギーパス」などのもう一つのテクノロジー
「Alternative Technology」(略してAT)によって、人類の未来を切り開いて行こうという科学論が提唱されていた。(後年 Tシャツの印刷屋をメシの種にしているわけだが、屋号でアットホーム=AT HOMEと名乗っているのはここに由来している)

僕にしてみれば、当然社会は「ソフトエネルギーパス」の方向にある程度進んでくれるものと期待していたが、ザンネンながら日本はその方向には進まず、原発と「経済バブル」の時代に突き進んで行った。

ラン運転員たち・・・「FUKUSHIMA 50」はもう存在しない・・・

太平洋戦争のときに、あれほどまで勇猛果敢に皇国日本のために我々の先輩たちが戦ってくれたのは、昭和初期から何年もかけた軍国教育の成果があると思う。(僕は日本のために命をはって戦ってくれた当時の人たちには大いに感謝し敬っています。)これから4年間の自民党政府がやろうとするのはそういう軍国化教育だと思う。そして、治安維持法や言論の統制・・・多かれ少なかれそちらにシフトしてくるし、それは国会のまわりを100万人で囲むことでは止められないと思う。

こう「止められない」と連発で書くと悲観的になるのだが、確かにデモでは今度の政府の動きは止められないけど、天の力なら止められるかもしれない。

日本人はまだ目覚めていない。
スーパーとコンビニの棚に食料・物資が並んでいるかぎり、放射能汚染で病人が徐々に増えてきても、消費税があがって生活がだんだん苦しくなってきても、円安でガソリン食品価格が徐々に上がってきてもそれが「徐々に」であるかぎり この国民は目覚めない。

そこまでこの国民はぼけている。

目覚めるとしたら、スーパーとコンビニの棚に食料・物資が何ヶ月も無くなる状態だ。
「本当に食うものがない」となるまで日本人は目が覚めない。

すなわち、(中国などが発端となる)経済崩壊・世界的銀行の取り付け騒ぎ・・・・それこそが日本人覚醒のきっかけになると思う。

ただし、これはマジにきついし、弱者には命取りになる騒動だ。

おそらく、「天」は日本人を覚醒させるためにそこまでの揺さぶりをかけてくる。
今回、自民が圧勝したのも、彼ら議員たちを一網にあつめて、反省させるための天のハカライであろう。
いわば「神風」。
我々民衆はその「神風」に備えて具体的な物資の準備と、ともに生き抜く人の輪の構築 そして天の意を悟るためのホンモノの信を持たなくてはいけない

|

« 『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』 | トップページ | 吉川彰浩 講演会             in 大町・北安曇 »

コメント

始めまして、GOPの作り方を泰平さんのブログで知りましたが、こちらのブログの事だったんですね。
1年半喉が痛く、両耳の下迄痛くなり困っていましたが、おかげさまでGOPを真似して作り、1ヶ月飲み、ほとんど治りました。
吉田所長にもGOPを教えたいと思ってましたが、親戚だったとは驚きました。是非勧めて下さい。
中屋彦十郎薬局が品質が間違い無く、安かったです。
炊飯器のおかゆ、の所で作ると簡単です。
これは読んだら消して下さい。

投稿: カナリア | 2013年1月10日 (木) 12時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1277888/48358185

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい暦が始まる:

« 『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』 | トップページ | 吉川彰浩 講演会             in 大町・北安曇 »