ニュース

口蹄疫

宮崎で流行の口蹄疫。
被害にあった農家にとっても、関係者にとっても深刻な問題だと思います。

なんだか、結局近代的「衛生」思想では防ぎきれないで、全国に蔓延するんじゃないかってという予感があります。
新型インフルエンザと同じようなパターンだね。
最初に感染した人と一緒に飛行機に乗ってた人をホテルに缶詰にして防衛線を張ったけど、あっさり突破されたでしょう?あれと同じだよ。
新型インフルの時は発生した地域の人を「全部処分」というわけにはいかなくて、結局放置したに近い状態だったけどそんなに多くの被害者は出なかった。
発生した地域の生きている健康な牛・豚を全部殺すってことは、
もし全国に拡大したら全国の牛・豚全部にワクチン打って殺すの?ってことになるんじゃないか。

発生した地域でも人工的に全頭殺戮をしないで蔓延させておいたら、そりゃ半分くらいは病死するかもしれないけど、免疫を獲得して生き残る強い豚や牛がでてくるのじゃないだろうか。

全頭処分(殺戮)か病気の蔓延にまかせるか?のという究極の選択をしなければいけないところまで行き着くような気がします。
家畜衛生・公衆衛生「学」と「神=この場合は疫病神」の力比べになりそう。
「日本人は四足を食らうでないぞ」という日月神示のお告げの通りになるんじゃないか・・・

この夏くらいが山場?
皆さんどう思います?

| | コメント (3) | トラックバック (0)