経済・政治・国際

町内会の予算と国家予算

今日は休日。

来年度、町内会(38軒)の常会長というお役を頂戴します。

今年は会計を担っていまして、年度末が近いので今日は本年度会計の決算書と来年度の予算案を作っていました。

常会の予算は年間数十万円規模で、すべて自前の資金であり、町からの補助金などはないので全て町内会の裁量で使えるます。

まあ、この種の会計・行事は「例年通り」で執行されているのでマンネリと言えばマンネリなのですが、新規に事業を考えるのは面倒なので、僕も「例年どおり」でいきたいと思っています。

でも! 例年通りにできるかなあ?

本日藤原直哉さんからいただいたメール ↓  以下引用

みなさん、おはようございます。
インフルエンザが流行していますがお元気にお過ごしでしょうか。


今日の日経新聞が伝えるように、いよいよ日本政府は払うお金がなくなりつつあります。今のままだと夏前に資金ショートします。

http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819481E0E3E2E6E18DE0E0E2E3E0E2E3E3819A93E2E2E2

国会で予算関連法案が通らないからですが、今の政治情勢では通る気配もありません。そのため今年前半は大きな政局になると考えられます。好き嫌いの離合集散ではなくて、どうやって日本を立て直すかというグランドビジョンのもとでの政界再編をやらなければならない状況です。

わたしもNPOの活動などを通じていろいろ働きかけをやっているところです。しかし政府サービスの一部停止あるいは公務員給与の支払い遅延、地方政府への影響なども大いにありうる事態ですので、みなさんそれぞれ状況にはよくご注意ください。

変化がありましたらその都度お知らせしてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

藤原直哉 拝

引用おわり

いよいよ世情も煮詰まってきたようです。

民主党政権が予算成立できないまま、統一地方選挙で大敗北し、「投げ出し解散」てな状況になれば、泥沼の大混乱がはじまりそうです。

上記メールにあるように、国家予算関連の資金の大幅な滞りや、国際金融資本による日本売りなどこれまでにない経済危機が訪れそうです。

現在の為替レートでは、日本の円は世界各国の全ての通貨に対し「円高」状態になっており、それは輸出企業にとっては不都合かもしれませんが、食料・資源を安く買えるということでいえば、我々消費者は恩恵を受けている=まだ本当の危機を迎えていない、のだと思う・・・本当の危機は円高から円安に振れたときに始まると思います。

年末年始の記事ニュートラル にも書きましたが、デフレからインフレへと反転し、スタグフレーション、ハイパーインフレーションへとエスカレートする可能性もあるわけです。

あらためて残されたわずかな期間にできるだけの準備をしておかなければなりません。

話を元にもどして、町内会の行事や予算についても、当初は去年どおりの予算執行体制でいくしかないけれど、「世情の変化に伴い弾力的に対応します」、と、自治会員の皆様にも年度始めに宣言しておくべきかなあと思っています。

・・・・どこまで理解していただけるか???ですが・・・・

今度の混乱は、ほとんどの人にとって想像の範囲を大きく逸脱したものになるでしょうから。

まあ。やるしかないでしょうね。

秋11月に「親睦会」という恒例行事があり1軒あたり5000-6000円の予算で日帰り温泉と飲み会の予算を組んでいるのですが、5000円の予算でカップ酒と乾き物ちょびっとしか買えない・・・なんて急激なインフレは経験したくないものですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わたし祈ってます~

今回の選挙ほどどこに入れたらいいのかわからん選挙はありませんね。

民主もダメ、自民もダメ・・・って、みんなの党 というのは最悪の選択。
そんな選択をしたら郵便貯金の300兆円を外資にチューっと吸い取られて、日本は一巻のおわり。

でもどこにいれたら???・・・

私きめました。

比例区は「敏いとう」 でいきましょう。

リチャードコシミズ・ブログ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201007/article_10.html

「わたし祈ってます~」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

直近の政局 2010.6.5

藤原直哉さんから直近の政局についての分析メールがきました。
情報拡散します。


1、小沢氏を支えていた一新会は、政策勉強会のまとめ役をやってくださっている山口議員が副会長なのですが、山口副会長が一新会のメンバーを集めて大演説を打って、小沢から離れようと訴えて、満場の支持。その結果、首相選びでは一新会は自主投票となり、小沢の石垣は一瞬にして崩壊。人徳なきリーダーが恐怖と依存で作り上げた組織がいかに張り子の虎であるかがこれほど見事にわかることもないというぐらいの出来事でした。

2、鳩山氏は引退を表明。小林議員にも辞職を要請。ということは小沢氏も引退しろということです。鳩山氏は一緒に辞めましょうと小沢に迫ったわけですが、小沢はちょっと引いて体制を立て直そうと思って幹事長を持することをOK。ところが幹事長を辞めると言った途端に石垣が崩壊。すべては後の祭り。この姿は大政奉還の時の徳川慶喜にそっくりです。

3、小沢氏が幹事長を離れることで立ち枯れなど、小沢からカネをもらっていた連中は見事にカネを断たれて文字通り立ち枯れ。カネの動きがこれで大きく変わります。

4、しかし菅は早速人事で大失敗。仙谷官房長官、枝野幹事長と言ったものですから党内からは何だという大反発。この二人が派閥を組んでいるのです。二人派閥と言うぐらい、党内では浮いている存在。しかも枝野氏が党内仕訳をする、すなわち小沢に近い人たちは粛清をするといったものでみんな激怒。結局、菅は人事を撤回すると表明。週明け人事ですが、もはやどんな人事にしても収まりがつかなくなったと見るべきでしょう。一新会、鳩山グループもどうするか、どうなるか見えていません。さらに原口氏や松本議運委員長など、小沢にゴマをすってすり寄っていた連中ががどうなるかです。とても菅に裁ける実力も重みもありません。菅は前に民主党の代表をやっていましたが、その時にこの人の性格、やり方は全部露見していたのです。政策なし、瞬間反応型。そして政治は野犬の闘争だと言ってはばからない人。

5、したがって政局は菅政権になって一層の流動化が止まらないでしょう。目も当てられない姿になるかもしれません。

6、金融市場のほうはハンガリーの危機がぶり返してきてまた大暴落。

内外大揺れの昨今です。


追記

それから今日のウォールストリートジャーナルの記事に中国でいよいよ不動産バブルが破裂したと考えられる記事が出ています。今年後半は中国発の金融危機ではないでしょうか。

http://online.wsj.com/article/SB10001424052748704025304575284442742333032.html?mod=WSJASIA_hpp_MIDDLETopStories

| | コメント (1) | トラックバック (0)

アイスランドの火山噴火

アイスランドで火山が大噴火、ヨーロッパの飛行機の運航に多大な影響がでているそうですが、噴火のダストによる穀物の不作というのが大変気になります。今年の天気はもう滅茶苦茶ですからね。遅霜もずいぶん遅くまでくるんじゃないかと心配しています。

参考
1783年6月アイスランドのラキ、8月に浅間山が大噴火を起し、火山灰が北半球を覆い不作が数年続いた。日本では天明大飢饉となり田沼意次が失脚、一方欧州では1789年フランス革命となる。

食料不足に備えていまのうちに(騒ぎにならないうちに)、2-3年の基礎食料=穀物とか乾麺とかは各家庭で備蓄しておくべきでしょうね。

騒ぎになってから買いに走るのはハタ迷惑というものです。余裕のあるうちにそっと確実に備えておくのは「知恵」です。
備えておけばイザというとき自分も家族も縁ある人も助けることができますから。(もうそろそろ「イザ」じゃなくて「確実におきる」ハラをくくっておいたほうが良いかも)

アイスランドの噴火について、ときどき見にいっているnoffyさんというブロガーさんのサイトで大変参考になる記事がUPされました。みなさんもご覧ください。
地球の記録  アイスランドの火山噴火が導くかもしれない未来


| | コメント (0) | トラックバック (0)

直近の日本の政治情勢

2010・3・19 さる方からいただいたメール情報。 拡散します。 


以下転載

1、鳩山邦夫氏の離党は長男、太郎が参院選に出るための受け皿で大した話ではない。

2、小沢と池田大作が手を組んだ。与謝野と園田には小沢のカネが流れている。与謝野には50名集めたら総理だと小沢が言ったとか。自民を割り、公明と組んで政権維持を図ろうとしている。同時に田中康夫が小沢に切られた。利用するだけ利用されて後ろからバッサリ。これが小沢流だと政界に見せつける結果になった。

3、しかしそれは民主党も公明党も学会もついていけない。さらに与謝野や園田は国会で小沢は脱税王だというようなことを言っている。それが小沢からカネをもらって別働隊をやっているとわかったら、終わりになる。毎日は既にそれを記事にやんわり書き始めている。

4、信じられないかもしれないが、小沢はおびえる幻影に狂い始めているというのが実態のようだ。それは90近い池田大作も同じ。両方とも実力後継者がないままに権力の頂点から追われようとして、最後のあがきをやっている。

5、検察に学会上がりが3百人はいる。しかも学会上がりは特捜を目指す人が多い。この連中が小沢に情報を漏らしていたようだ。しかし地方の検察が小沢を追いかけている。この幻影が小沢をどんどん狂わしつつあるようだ。

6、民主党で議員政策研究会を始めようと言いだした議員が40名いる。しかし実際には120名いる。これは公然たる反小沢行動で、もはや小沢も止められない。特に小沢は衆議院で比例当選した議員には政党助成金を一銭も渡していないそうだ。そういう議員の忍耐が限界を超えてきた。

7、大阪の橋本知事新党は府や市の役人を巻き込んだ相当大きなものになりそうだ。反民主であり、同じような地方政党がこれから全国に一気に広がる可能性が高い。そして夏の参院選まではゆるやかな連携ということで進むようだ。

8、そうするとこれから中央は地方から追い立てられる形になる。

9、5月、オバマは小沢に会わない。オバマカードは幻に終わった。外国人参政権もなくなった。中央の政局はますます激化しそうだ。


10、総務相がマスコミは全部退治するようなことを孫正義と一緒に言いだしている。これに対してマスコミは結束して戦おうとしている。総務相は小沢の意向を受けてやっている。マスコミが反小沢で一斉に記事を書き始める可能性がある。

11、5月の沖縄の基地はまとなりそうにない。


以上転載おわり

僕のコメント;小沢と池田大作が手を組んだ ということが一番 気になるところです。
これは、小沢もハッキリおしまい、ということですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいドル!?

「ロハス」とは、ほど遠いネタをひとつ・・・
新しいドル札のいんさいだあ情報とか。

以下、Gold Wars ~ 金復活 というサイトより転載


2009年12月28日、米連邦銀行会議のシークレット情報が外部に漏れた。このインサイダーを入手したのは、アナリストのボブ・チャップマン氏。彼の話によると、FRBは新ドル札(ブルーノート)を発行し、ドルの切り下げを行う準備を完了したということだ。上記写真は、ボブ・チャップマン氏が入手した今年発行予定の新ドル札。金兌換紙幣になるかどうかは不明だが、借金を踏み倒すための行動が年内に実行される見通し。その場合、年末までに、金が2500ドル、銀が100ドルを超えると彼は予測している。
20100113055933db9s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

転載おわり

アメロという北米統一通貨のウワサやらこのブルーノートのウワサやら。
いったいどれが本当なの?
このお札、ピラミッドに一つ目のマークはないんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これはすごい!

R.コシミズさんのブログのコメント欄にこんなのありました。
今、小沢一郎氏が西松建設の不正献金事件で叩かれ、鳩山総理の政治資金問題でマスゴミから叩かれているのもこの構図↓のなかで考えるとよくわかりますなあ。

<「経世会(旧田中派)」VS「清和会」>


(田中派) 田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

(清和会)岸信介    安泰
(清和会)福田赳夫   安泰
(清和会)安倍晋太郎  安泰
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰
(清和会)尾身幸次   安泰

| | コメント (8) | トラックバック (0)