健康対策・医療

マンネンタケ(霊芝茸)の栽培 2  (GOP五井野プロシジャー)

五井野正博士の開発による抗癌作用のある自然薬GOP(五井野プロシジャー)
五井野博士はこの自然薬でチェルノブイリでの放射能被爆者・癌患者の治療にあたり大いに効果があったと言われていますが、(日本のマスコミではほとんど紹介されていない)、今回の原発事故を機にその自然薬を自給してみたいと思い、主原料であるマンネンタケの栽培に着手しています。

4月21日に当ブログにUPした前の記事
http://yupon7635.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-11f7.html

実は僕は20代前半のころ(4半世紀より以前だ)、五井野正博士が編集長として出版された「ふる里村情報」なる雑誌の編集員としてしばらく五井野先生の周辺にいたことがあり、現在のロハスな田舎暮らしを始める上で五井野先生の近くにいたあの頃の経験が、一つの大きなきっかけになっています。当時から五井野先生は、「将来日本人はもう一度(ヒロシマ・ナガサキに続いて)放射能汚染に直面する、マンネンタケは放射能汚染対策に効くんだ」ということをおっしゃってました。現在僕が住む自宅の川向こうに五井野博士のご自宅があり、(今もそこにお住まいなのかどうかは知りませんが・・・・)そこに伺ったときに効いた話です。(如是我聞)

五井野博士とはこういう方です。
http://www.avis.ne.jp/~wippii/keireki.html
なんだかすごい経歴の方ですね。(↑ このURL、時々つながらないのですが、基本的にまちがっていません。)
最近では船井幸雄氏の関連でも紹介されており、世間の注目度もUPしてきているようです。

さて、そのGOP(五井野プロシジャー)ですが、本当に効くのかどうか僕は身近でこの薬が実際に効いたという話を見聞しておりませんので、本当のところはよくわからないのですが、とにかくこのひどい原発事故と放射能汚染の中を生きていかなければならないのが現実なのですから「役に立ちそうな対策は色々やってみる」 というスタンスでコトにあたりたい。

GOPの作り方はこちら。http://www.j-tokkyo.com/2003/A61K/JP2003-171306.shtml
特許が出ているので、無断で販売することはできませんが、自家消費するために自給することは許されるでしょう。
要はマンネンタケ トチバニンジン カワラタケ を6:3:1で煎じて 煎じ薬 にするというもの。

次のブログの記事にGOPの製法をコピーして貼っておきます。よそのサイトで消されると困るから。

ところで、この薬の主原料である、マンネンタケ トチバニンジン というのが実に入手困難。
コトにマンネンタケは梅の古木に天然に生える「黒霊芝」という黒いマンネンタケが最高に良いらしいが、それは入手することはほとんど不可能です。(秦の始皇帝が徐福に命じて東海の蓬莱山に探索を命じた、その秘薬とも言われています)
代品として栽培可能な赤いマンネンタケ(赤霊芝)。これなら入手可能ですが、それとてもお高い・・・・ということで一般庶民としては「栽培」にチャレンジです。

4月21日に仮伏せした原木はどうなったでしょうか
Dscn2081

15cmに玉切りした2個のクヌギの原木の間に、マンネンタケのおが屑菌をサンドイッチして仮伏せしたわけですが、6月中旬~下旬が本伏せの時期ですので仮伏せを解いて取り出してみました。
↓ サンドイッチにしたおが屑菌から菌が伸びているようです。
上の原木を掴んで持ち上げても離れません。栽培の第一段階はそこそこ順調のようです。
Dscn2082

北の畑(5畝)は西側にとても背の高い家があり、その家のすぐ近くは午後ほとんど日が当たらないので、何を栽培するか悩んでおりました。一番その家に近い足元には「ミョウガ」を植えておりましたが、今回思いつきましたね。「日があたらないならキノコを植えよう」って。
たまたま、今年3月に郵便配達先で大量の農業ハウスフレームを入手したので、今回のマンネンタケ栽培に役立てましょう。まさに「リサイクル」です。
↓ 昨日、フレームを組んでみました。 
Dscn2076

マンネンタケの原木は10cmくらいの植え床を掘り込んで、そこに3分の2くらい埋め込みます。
その植え床です
Dscn2078

マンネンタケは高温多湿を好み夏に発生するキノコです。
摂氏30度 湿度90%のムレムレ状態が良いそうです。
芽が切れる(発生が始まる)までは薄暗がりがよく、発生開始後は比較的明るい状態が良いそうなので、
ビニールシートと遮光シートで覆います。(遮光シートは発生が始まったら、別のものに変える予定)
散水作業が必要になります。

↓ 原木(90cm)を15cmの短木に玉切りしたものを埋めていく。 原木20本分=短木120個
80cm×3m60cm の植え床に並べ、3分の2を埋め、短木の間は土で埋めていく。
Dscn2084

↓ 全部埋めおわりました。
Dscn2086


↓ ビニルシートと遮光シートで覆う。これで本伏せ完了。
時々散水しながら温度と湿度をチェックしていかねばなりません。
無事にマンネンタケが発生してくれるでしょうか?心配です。
Dscn2087


この関連記事 後日またUPします。次は2ヶ月くらい先かな?

PS キノコを植えた左側に埋め穴から掘りあげた土で畝を作りました。ここには7月10日に「紫花豆」という信州特産のインゲン豆を植える予定です。また、パイプフレームの右側足元からは「カボチャ」の蔓が這い上がってくるように仕掛けています。順調に生育すれば、マンネンタケが発生するころに蔓が延びて天然の緑陰を作ってくれるはずですが・・・


| | コメント (2) | トラックバック (0)

インフルエンザ対策

新型インフルエンザ対策の影響が当地にも広まってきました。

・・・・実際に身の回りに患者が多発してきたということではなくて、対策の影響が広まってきたということ。
事実としてはKaoponがマスクをして登園しなきゃならない、ということくらいなんですが・・・

このインフルエンザ騒動、冷静にみれば大変オカシイ。 
マスコミは「ワクチンをうつのが当然」という視点で一斉に問題をとりあげているから、こういうときはウラがあるなと思って見なきゃなりません。

例えばこんな動画があります。動画をダウンロード
アメリカで新型インフルワクチンを接種後、歩行困難になってしまった女性(元アメリカンフットボールのチアリーダー)のニュースです。

またワールドブロガー協会という団体の動画も必見です。
動画のテーマ
ワクチン接種の危険性とインフルエンザの誇大宣伝の実態」を見る

講師
元国立公衆衛生院疫学部感染症室 長・医師 母里 啓子(もりひろこ)氏
大阪赤十字病院小児科医師 山本 英彦 氏

とにかく今回のインフルエンザの流行さわぎは、「金もうけ」のにおいがプンプンします。

藤原直哉先生と一緒に活動されている、土橋重隆先生のネットラジオ「平成養生訓-21世紀は治療から予防へ-」 2009年11月3日 まもなく新型インフルエンザワクチン接種が始まるも聞いてみてください。

我が家のインフル対策?

早めにササッとかかってしまいたいと思っているのですが・・・・

・基本は野菜を中心にまともなメシを普段から食べて、基本的な免疫力を高めること
・ワクチンは絶対接種しない
・万が一それらしい病気にかかっても
「医者にはいかない」
タミフルは絶対に使わない
「熱はムリに下げずに、暖かくして寝る。ただし脱水症状をおこさないように水分をとる」
「薬は漢方中心で、初期に麻黄湯・桂枝湯各半湯で対応する」
・・・という、いつものカゼ対策でやってみようと思っています。

万一世間が本格的パンディミック状態になっても、半年くらいなら家に備蓄の食糧・日用品と家のまわりに植えている野菜で篭城できる準備は既に整えています。

みなさん、どのように対策されていますか?

以下画像 追記

005


| | コメント (2) | トラックバック (0)