金玉ブログ・妄想話し

水で走る自動車 2  ~ 金玉ブログより 6

またまた金玉ブログよりコピペです。

今日は久しぶりにスキーに行ったのでくたびれました。とても21時まで起きていられません。
水で走る車の夢でも見たいと思います。おやすみなさい。

2月21日のブログ黄金の金玉を知らないか?より、以下転載です。

いよいよ本日決行です。

皆さま、実験参加の表明ありがとうございます。
この玉蔵、本日は温泉に行って汗を流し、その後は全身に塩を揉みこんで体を清めるつもりです。
言い出しっぺの私こそ、踊り狂わなければならない。
9時までによそ行きの一帳羅である絹ごしふんどしを用意して、準備万端スタンバっておきます。
皆さま宜しくお願いします。

これは我々の戦いの始まりに過ぎない。
今後、襲い来るであろう数々の災難、これから日本に襲い来る災難を思念のパワーではじき返してみせる。
次元を歪めるパワーを結集しましょう。
この我々の住む次元は、我々の思念でどうとでもなるのです。
それを証明します。

感謝パワー結集!
まさにウルトラマンです。
実は、この世界は自分が作り出している。
実は自分がウルトラマンだったんだ。

ただ思い出すだけで良いのです。

↓ウルトラマン達も踊っています。


やった!よかった!ありがとう!
ひゃっほー。水で走る車できたよ!
感謝パワーで目の前の次元を歪めます。
実は自分で作り出していただけだからです。

黄金の金玉団を舐めるでない!
奴らの親玉よ。首を洗って待っていなさい!
このキチガイ歓喜の踊り、しっかりとそのまなこを開いて焼きつけるがいい!

。。
とかなんとか。
すみません。
ちょっと興奮してしまいますた。

オリンピックでも見て気持ちを静めます。

くほほほ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

水で走る自動車  ~ 金玉ブログより 5


玉蔵さんのブロ友限定非公開記事を公開します。
水で走る車が実現するようにみんなでお祝いしましょうということですが・・・

ホンマニ ヤルン? ドナイショウ?


以下引用して貼り付けします。
2月17日UPの記事より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
何か本当に起こっているようです

その何というか
まさかと思いますたが
ワタスが思考実験をやりますと言ってから偶然が重なっています。

ワタスの第二ブログ
(バンビちゃんブログではありません。たぬきちゃんブログです。念のため)
http://kintamadiary.blog129.fc2.com/

に水で動く車について書いたら
そういうコメントを頂いたりしますた。

最近、水を燃やす技術を作った日本人が現れたとかいう情報ですた。

Ghost Riponの屋形(やかた)さんのブログ
http://ameblo.jp/ghostripon/


飄(つむじ風)さんのブログ
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2010/02/post_a7a2.html

ぇぇええ?
何だか難しい話のようでまだ詳細読んでいませんが。
ブクブク水から出ているのがブラウンガス(HHOガス)です。
ある電磁パルスを与えると水が分解して燃えるガスが出るようです。

本当かどうか、みなさま見極めて頂けないでしょうか。
もし本当だったらどんなに素晴らしいことでしょう。

こうなったら猛烈に引き寄せやりましょう。

思考実験、第二段!

くほほほ

実験内容:同時刻に700人でやる集団引き寄せ

くほほほ
ある時間に同じ内容の日記を書きます。
そして、バカみたいにその気になって喜びましょう。

ついに黄金の金玉団が動き出した
やらせはせん!

とかなんとか
くほほ
実験開始の詳細日程は後ほど書き込みます。

本当にありがとうございますた。


2月18日UPの記事
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第二弾!思考実験開始日が決まりますた
ついに黄金の金玉団が動き始めますた。

思考実験の開始の日時が決定しますたので告知致します。
昨日夜半、黄金の金玉団の最高意思決定機関である黄金の金玉評議会(金玉カウンシル)が開催されますた。
数時間の熱い議論がかわされ厳選な審議を経て正式に決定しますた。
ちなみに出席者はワタス一人ですた。

思考実験開始日時

日本時間 2010年2月21日(日曜日)21:00
です。

日付に特に意味はありませんが、日曜の夜だと皆さんブログを更新しやすいのかなと思っただけです。
くほほほ
ついに700人で集団で引き寄せ。一斉に行います。

以下に書くような、水で動く車が実際にできたという記事をお書き下さい。
そして、ひゃっほー!ひゅっ!ひゅっ!
喜びのあまり小躍りして飛び跳ねて見て下さい。
全身で喜びを表現し、裸で踊りまくれば、尚効果があがるのは言うまでもないことです。

まぁ、はたから見ると正真正銘のキチガイなのですが。
これが正式な引き寄せの作法です。(古来の雨乞いも同じようにやったのです。)

700人同時にやります。

やらせはせん。

ついに最強の秘密結社、黄金の金玉団が動き出した。
奴らにこのキチガイパワー。目に物見せてくれる。
奴らは今頃、ガクガク震えているはずです。失禁しているかもしれません。
ついに日本最強の秘密結社を目覚めさせてしまった。
やり過ぎたかな。今頃、今までの行いを反省しているかもしれません。

思わぬ邪魔が入るやもしれませんので、団員の皆様におかれましては、計画遂行まで身辺に最新の注意を御払い下さい。
あなたが団員と知れるや否や、メンインブラックの皆様が現れて拉致監禁されてしまうかもしれません。

やらせはせん!やらせはせん!

まぁ、実際には邪魔など入る訳もないのですが。
実際におこりうる可能性としては裸で小躍りしているところを通報されるぐらいなものです。
まぁ、それはそれで十分にお気をつけ下さい。

本当にありがとうございますた。


以下が、実験当日、ワタスが書く予定の日記です。
--------------------------
すみません。
未だに信じられませんが、やはりというか。
ついにというか。
水で動く車が完成したようです。
それも、今の既存の車に水力エンジンを付け加えるだけで動いてしまうようです。

信じられません。
ぇえええ?
み、水で動くのぉ?
今、使っている車のガソリンタンクに水を入れるだけで動くようです。
外見は、今までと何ら変わりません。

何なんだ。このお手軽さは。
まるで3分待ってすぐおいしい。チキンラーメンのようです。
信じられません。

明日から醤油ちゅるちゅるで水を入れて燃料満タンです。
ガソリンは一滴も必要ありません。

ガソリンスタンドに行っても
「満タン。レギューラで」
そう言うが早いか、店員さんが水道の蛇口をひねるだけです。
六甲のおいしい水だとちょっと値段が高いようですが。
のどが渇いたら給油口ではなく、自分の口に流し込んでくれると言っていますた。

セルフサービスは水道の蛇口がならんでいるだけです。
学校の水飲み場か!
一人つっこんでしまいますた。

今日は水で動く車、発売を祝って
一人部屋で小躍りしてしまいますた。
きゃっほーー。くほ。くほ。
一人、腹づつみを打って小躍りしたのは言うまでもありません。

本当にありがとうございますた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

玉蔵ブログより 4

またまた玉蔵ブログより転載。今回は玉蔵さんの更新が早い。玉蔵さんの計画はみんなで「明るく暖かい」幸せな社会を引き寄せちゃいましょう、ということのようです。それなら僕がこのブログでいつも発信しているようなことじゃん。

別にブロ友限定にして、かくすような内容ではないと思いますが、「ブロ友限定」として書いたほうが、みんな真剣に読もうとするから、より情報拡散できる・・・という作戦でしょうね。

うちのブログから玉蔵さんの限定記事を読んでいらっしゃるかたも複数名いるようなので、その方たちのために今回も転載します。

以下コピペです。2月1日UPの記事より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思考実験について

さて、ワタスは今まで奴らと言うのは一体何なんだということを調べていくうちに結局のところ奴らをぶったおすには物理的な活動では無理だと考えるようになりますた。
むしろ奴らを倒すのに効果的なのは非物理的なこと。すなわち宗教心と言ったらよいのか。宗教心というとちょっと違います。ワタスは無宗教ですので、何というか見えないものを信じる心と言うか。何か心の有り様だと分かったのです。
奴らの親玉は時空を超える人だ。異次元の存在、そんな奴らとどうやって戦うのですか。
奴らを倒すのは、物理的な方法ではない。
思考実験をやりますと書きますた。
それは黄金金玉団の一員。命知らずのキチガイを短刀片手に、六本木ヒルズのゴールドマンサックスオフィスに鉄砲玉として送り込むとか、パンツ一丁のキチガイを恵比寿ガーデンプレースのモルガンスタンレー事務所に飛び込ませることではありません。
まぁ、実際にやる人がいたら元気があって大変よろしいのですが、そんなことをしてもイタイケな何も知らない日本人従業員が傷つくだけです。
奴らの本体などにはどうやってもたどりつけない。

奴らをぶったおす方法。
前から言っていますが、感謝の心です。
奴らが一番嫌がるのは、実は肯定の心、感謝の心、目に見えませんが、それがどんどん地球上に広がることです。
これをやられると奴らは苦しくってたまらない、のたうち回って苦しむのです。
何ともキチガイな話ですが、ワタスはいろいろ調べた結果こうなりますた。
心で倒せるなら世話ない。アホらし、いこいこ。そんな風にしらける人もいるかと思いますが。

思考実験と言いますたが、別段たいしたことではありません。
聞いてズっこけないで下さい。
まぁ、その、皆さんでやれば効果もあると思ったのです。
一人ひとりでやるより皆でやれば断然効果がある。
ワタスが信じている理論によれば、この時空は我々の思念が作りだしている。
だから思念で戦うのです。

例えば、感謝の心と言ったって、例えば、おいしいものをたらふく食べて、映画でも見て、温泉でも入って旅行したりしていれば、それは普通に世の中に感謝できると思います。おいしい食事をありがとう。楽しい旅行をありがとうとかなんとか。

しかし、例えばです。
あなたが、逆境にある時。
例えば、毎日、地獄のような環境におかれている。
なけなしの賃金で働かされ、寝床はネットカフェ。毎日食うや食わず。
明日がどうなるかも分からない。そんな状況で感謝できるでしょうか。
今日、リストラされて感謝できるでしょうか。

ワタスはそんな時こそ人間の真価が発揮されるところだと思います。
どんなことがあってもどんな状況でも強力に現状を肯定する心。
貧乏の底にあっても笑顔を絶やさない佐賀のがばいばあちゃんパワーです。
どんな状況でも感謝する心。
それを皆さんでやりませんかということです。

卑近な例で申し訳ありません。
聞いてズっこけるかもしれません。
身内の恥をさらすようで申し訳ないのですが、ワタスとワタスの妻は、それこそ超がつくほど性格が正反対です。ワタスがどちらかというと夢想家。いつもあれやこれや夢みたいなことばかり言っているかと思うと、ワタスの妻は超がつくほど現実家です。

ワタスが例えばです。
くほほほ。良いですか。実はですね。今、こんな計画を立てているのですよ。世の中を変える計画です。これで世の中は変わります。どうですか。すごいでしょう?
自慢げにチュルチュルな金玉の時の少年のように目をかがやかせワタスの膨大な計画を妻に話したとします。

ワタスの妻の反応は決まってこうです。
何それ。それで食べていけるの?お金はいくらかかるの?この不況時にバカじゃないの。決まってそういう反応なのですた。
ワタスが日本、果ては世界の未来のために考えているのに、それで食べていけるのですと?
全人類の希望。男のロマンチシズムを語っている時にそういう話をするでない。
ワタスはいつもカチンと来て、プンプン怒ってしまうのですた。
もっと共感してくれる妻だったら良かったのに。もっと一緒に感動してくれる妻なら良かったのに。いつも冷たい冷や水を頭からぶっかけられて金玉が萎びて意気消沈するのですた。
そんな時は、やらせはせん。やらしたくはありません。。小さくブツブツとコタツにくるまってつぶやくのです。

しかしです。
ワタスは今では、そういう妻に感謝するようになっています。
例えば妻がいなかったらどうでしょうか。
ワタスの様ないつも訳の分からないことを夢想している人は言わば糸が切れた凧です。
きっと勝手に盛り上がっては、スカポンチンな計画を立てて会社もさっさと辞めてていたことでしょう。今頃はどこぞの派遣村とかどこぞの河川敷の青テントの中でくほほほ。やらせはせん!やらせはせん!くほほほ。
そうやって遠くを見つめながら独り言を言ってケタケタ笑っている老人になっていたことでしょう。超現実家の妻がいたからこそ、ワタスは今でこそヌクヌクとコタツにくるまってブログなどを書いていられるのです。
ありがたや。ありがたや。今はガクガク震える金玉を抑えながら台所に立つ妻を拝んでいるのです。

世の中、一見するとつらいこと。耐えられないことはあります。
しかし、それは何かものの見方を帰ると大変ありがたいことではないですか。
つらい現実に合うことは、何かしら意味があってありがたいことなのだとワタスは思うのです。
昔の記事です。良かったらお読みください。

世界を変える方法

ワタスは何か自分が気づくべきことに気づけば現実は変わっていくものだと信じています。酷い現実にさらされている中で、何か大事なことに気づけば現実は変わっていきます。酷い環境におかれている人。
自分を助けられるのは自分だけではないでしょうか。
ひどい環境に置かれて世の中を恨む。なんで自分だけ。毎日毎日愚痴を言って過ごす。世の中を否定しつくす。年越し派遣村で過ごしている人に、感謝して過ごせなどと言っても無理なのは分かります。
恨みつらみ。まぁ、普通の人間がとる当たり前の行動です。
毎日が負の連鎖です。じっとしていたって過去の嫌な記憶が蘇って、心の底から後悔の念、恨みの念が湧いてくるのです。

思考実験。
それは一人一人がたった今から幸せになることです。
自分がたった今、幸せだと思うことです。

革命という大それたことなどする必要がない。
自分が幸せになれなくて、何が革命ですか。
くやしかったら自分で幸せになるのです。
身近なことができなくて、大それたことを言うのは間違いです。
ワタスもそういう癖がありますが。
不幸な境遇にある人は、たった今を肯定しないとそこからは抜け出せません。
こんな不幸な状況も、何かしら意味があるんじゃないか。ありがたいことなんじゃないか。どんなに酷い状況でも、肯定することではできないでしょうか。

ワタスのやりたい思考実験は、600人でやる集団引き寄せです。
前にも書きますたが、ワタスは引き寄せの法則を信じています。
人間自体がエネルギー体であり、ここにいるかのようで実はここにいない存在。幽霊のような存在です。
突き詰めて言えば確率論的存在なのです。最新の量子力学ではそうなります。
この次元もその霞のようなエネルギー体である我々が作り出しているのです。
ですから600人のエネルギー体が集まって引き寄せをやりませんかという実験なのです。

良く幸せになれますようにと願う人がいます。
それは今は幸せじゃないと公言しているようなものです。
幸せになりたい=今は幸せじゃないということです。

雨乞いのテクニックは雨が降っている状況になったかのように振る舞うことだと、どこかの本で読みますた。
古来からの知恵です。
雨が降ってくれと願うということは、たった今、雨が降ってないということを認識しているということに過ぎません。
今、雨が降ってない。降ってない。そう願っているだけなのです。
となるとその降ってない状況は継続することになります。
引き寄せの法則的には間違っています。

雨も降ってないのに、うひょー雨が降ってきたありがたい。
そして、歓喜の踊りを踊る。これぞ正しい雨乞い方法です。
幸せになりたいではなく、今、幸せだ。ありがとう。幸せでしょうがないありがとう。
ヒャッホー!幸せだぜ!パンツ一丁で歓喜して踊って見て下さい。
そうすれば、その状態が継続することになります。
はたから見ると完全なキチガイですが。

今が不幸だ。ちょっとでも楽になりたい。幸せになりたいと思っている人。
それはいつまでのその状態が続くことになります。
幸せになりたい状況(今が不幸な状況)を続けさせないためにもたった今が幸せだ。
ありがとう。くほほほほ。やったー!等々。バカみたいですが、やってみませんか。それが現実を作り出すのです。

奴らがヘンテコな基準を作り出して、例えばお金持ちが最高だとか、勉強ができるから最高だとか。
目がクリっとして鼻がこうで、そういう人が美人だとかなんとか。
一旦その基準が正しいと信じたら、それに合致しない全ての人は不完全な存在になります。
自分の中の基準を信じずに、何か外部の価値をありがたいと思う。
そうするとありのままの存在を否定されてしまうのです。ただそこに存在して、ありのままでいるだけなのに
何故か知らないが自分は不完全だ。そういう意識を刷り込まれるのです。
生まれてただ存在しているだけなのに、なぜ否定されなければならないのですか。
人間、自分を否定された人は、他人も否定したくなります。
結局、自分は不完全だと思う心、否定の心が広がることになります。
奴らの目的はこれです。ネガティブな思念が広がることを狙っているのです。

ブロとも様たちにお願いしたいこと。
思考実験。毎日、感謝の念をお願いします。今が最高。まぁ変な宗教みたいですが。
そしてできたら幸せ日記をつけて下さい。幸せダイヤリーです。
書けたらコメント欄に紹介して頂けないでしょうか。
まぁ、アホらしいと思う人は無理にとは言いません。

今はこんなに辛い状況だけど、ワタスは幸せだ。
どんなに辛そうな状況でも幸せだと書いても良いのです。

そして、徐々にですが、今は実現してないことを書いてみませんか。
毎月テーマを変えてやってみるのも手です。
今月は、貧困がなくなって素晴らしい。ありがとう。
来月は、石油を使わない世の中になった。うれしいな。
再来月は、お金がなくても暮らせる世界になった。ありがとう。
歓喜に震える心で、あたかもそのようなことが現実になった記事を書いてみませんか。
まぁ普通に考えればキチガイ日記ですが。

600人全員でやれば、引き寄せられると思うのです。
ワタスが信じている物理法則でいうなら、宇宙は多次元構造体であり、我々は幽霊のような存在です。我々の世の中は我々の思考が作り出している。我々が世の中を作り出せるのです。そういう実験をしたいのです。

ついに黄金の金玉団が動きだした。

本当にありがとうございますた。

--
※気になったブロ友さんコーナー
ぇぇ?タ、タヒチから? 今回はタヒチに住むキチガイさんです。
タヒチに住んでエコロジーを考える
綺麗な海ですね。こんなところに住んでみたいです。ブロ友申請、本当にありがとうございますた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金玉ブログより 3

ブロ友黄金の玉蔵さんが、「ブロ友限定非公開記事」をUPしましたので、早速コピペです。
先に僕の感想を書いちゃいますが、この手の話は五井野正さん関連で30年近く前から聞きなれておりますので、いまさら玉蔵さんの記事を読んでも別に昇天はしません。こういう話も当然アリということを踏まえたうえで、それでも現実のこの3次元世界で暮らしていくには・・・ということで僕はロハスな生活を目指しているわけです。

それでは以下転載します。


エノク書についてその3(元記事は黄金の金玉を知らないか?1月27日UPの記事)


さて、敏感なところに触れると言いつつ続きはまだですた。
続きを書きたいと思います。
もちろんキチガイ極まれりな話なのでブロともさん限定記事とします。

今から書くことはいつものことですが、証明せよとか、証拠があるのか
などと錐でモミ込むように突っ込まれたところでワタスだって困る話なのです。
ワタスだってこういう話を全て信じている訳ではありません。
しかし、ワタスなりに調べたどうもそうらしいという結果なのです。
最初は信じられなかったのですが、徐々にですが、いろんなところで接する情報で信じることになりますた。
こんな話は誰も証明できないし、奴らの中から漏れ出てくる情報を総合するとどうもそうらしいというだけです。
いくら命知らずでキチガイの皆様だって自分なりにいろいろと調べて判断して下さい。
まったく違う結論になる可能性だってあります。

さて、奴らの起源とはどこなのか。宇宙とはどういう構造なのか。
はっきり言ってしまえば、宇宙とは多次元構造体なのです。
我々の住む次元が宇宙の果てまで続いているなどと言っている理論は間違いです。
どんどん宇宙が膨張している。そんなことはないのです。
リサランドール博士風に言うと我々が住む世界は、無限かもしくは多くの次元をもつ空間に浮かぶカーテン=膜のようなものであって、我々はそのカーテンについた水滴のようなものということになります。
どんなにがんばっても水滴はカーテンから飛び出せないのです。
ところが実は、そのカーテンは穴あきカーテンで他の次元にいけるということなのですた。
リサさんがカーテンを閉めてシャワーを浴びているとそのカーテンは穴あきだった。
その穴から覗いていたら我慢できなくなって膜を突き破って、めくるめく異次元の世界に飛び出す。その後は。
以下自粛。
とにかく宇宙はある地点で互いに別次元と溶け合っているそういう構造体だ。
そういう異次元のゲートは地球上で南極北極、チベットなどにあります。

奴らは知っているのです。
自分達の祖先が宇宙の彼方からやってきた知的生命体ということを。
その知的生命体は、太古の昔、火星や地球に文明をもたらした。
マトリックスという映画で、2作目。マトリックスレボリューションという題だったと思います。
主人公ネオさんがマトリックスの設計者と対決する場面があります。
そこでアーキテクト(設計者)、この人はそういえばゴールド万の創設者マーカスさんにそっくりに見えますが、その人が言っています。
この世界を作ったのは7回目。そしてネオは7人目の救世主だったと。
これは、地球で行われる文明が7回目の文明ということの比喩です。

エジプトや火星文明というのは、ノアの箱舟の大洪水前、確かに存在した文明ですた。
エジプトのピラミッドというのはエノクさんが作ったと言われています。
エノクさんというのは、エノクという名前の人ではなく、大洪水前の文明人ということです。
一度文明は滅びたのです。大洪水前にエジプト文明や火星文明は確かに存在した。
何回も地球上の文明は滅びた。そして今回が7回目の文明なのです。

奴らのピラミッドに目のマーク。
115pxeye
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それは、自分達の由来がピラミッドを作る技術を持った文明人だったということを表しています。

そして奴らは知っています。多次元構造体である、宇宙。
宇宙を観察するということは、別次元を観察するということなのです。
つまりです。宇宙で起こったことは、地球にも起こるということなのです。
次元の転写です。それは必ず起こる。
占星術というのはつまり天文を見て地球上で起こることを予測する術ですた。
奴らが天体の動きにやたらに詳しいのはそのためです。
ちなみに奴らのマークの逆星型マーク。
あれは金星の軌道から来ているのですた。

2012年というのは、たった今、宇宙的変動が起こっている、その変動が地球に転写される日なのです。
それを奴らは知っているということです。
そして奴らの親玉とは、今は、別次元になってしまった知的生命体ということになります。
頭が痛くなってきたでしょうか。

申し訳ないですが、ワタスはこれは事実だと考えています。
最初は信じられませんですたがいろいろな情報に接するうちに信じるようになりますた。
奴らは今も、別次元に行ってしまった親玉と交信しているのです。
奴らは親玉と交信するような儀式をやっています。交霊術と言う人もいますが、それは別次元と通じるための儀式です。
そこから何かしらの情報を得て、実際に計画を立てているのです。
奴らはその別次元に行ってしまった知的生命体の子孫と信じています。
太古の昔にその存在から、遺伝子を与えられたと信じているのです。

さて、前に書いたモントークプロジェクト、プロメテウスプロジェクトとも言うようですが、それは何をやろうとしたプロジェクトだったのでしょうか。
キチガイ極まれりな話ですが、異次元との出入口=異次元ゲートを開けようとしたというプロジェクトだったのです。
プロメテウスというのはギリシア神話において、神々(ティターン族)の中の裏切者で、人々に火を与えた神様と言われています。
プロメテウスプロジェクトとは、火を与えてくれた存在=堕天使、そこから名前を取っているのです。

その異次元には異次元人がいて、その人は次元を超えてやってくる。
実際にそのプロジェクトの関係者が証言している動画も出回っています。
外国の番組でしたが。YouTubeなどで見つけた方がいたら教えて下さい。
その人物が証言するのは異次元からゲートを通してこの空間と異次元を行ったり来たりしている生物がいたということです。

モントークプロジェクトではいわゆる超能力者と呼ばれる人達が集められ、精神の力を増幅することでゲートを開く実験だった。
ワタスは、奴らの中でヘルメスの術と呼ばれ伝わっているものがこれだと考えています。
調べれば分かると思いますが、元は精神の力で物質を変換させるという技術なのです。
錬金術とも言われていますが。そうではなく次元を超える技術のことです。
我々の住む世界は、我々の精神が作り出している。
だから強力な精神力を持つ人(超能力者)を集めて、何らかの技術で増幅させることによって別の次元とゲートが開く実験をしたのです。

そして、イラク戦争の話。
イラクの博物館が暴徒によって荒らされたというニュースはご存じでしょうか。
あれは意図的に行われたもので、実際は米軍が、そのウバイド遺跡の中に存在する重要な文献などを
どさくさに紛れて文字通りウバい去ることが目的だったのです。

「人間の盾」としてイラクに入ったスウェーデン人が証言。「アメリカ軍が略奪を教唆するのを見た」
http://www.peace2001.org/gpc/gpc_mn/mn_200304.html#329

そして、前回書いたようにイラクの地で奇妙な実験をやった。
これは、モントークプロジェクトと同じことをやったのです。
要するに空間と次元を飛び越えるような実験だった。
このウバイド遺跡の中にはこのプロジェクトを成功させるためのキーとなるような文献があったためなのです。

バビロンというのはアッカド語の「バブ=イル」がヘブライ語で「バブ=エル」に訛ったものです。
元々はアッカド語でバブが門を意味し、イルが神を意味していました。つまり神の門です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%AE%E5%A1%94

神々の門とは、すなわちゲートということです。要するに過去に異次元のルートがある場所だった。神の国、天にも届くようなバベルの塔を作ろうとしたというのが、神に対する挑戦です。それを神様に見つかってぶっ壊された。
それをもう一回やるために、そのウバイド遺跡からその異次元ゲートの知識を得ようとした。

ちなみに、モントークプロジェクトですが
モントークの近くではモントークモンスターと呼ばれるヘンテコな動物が見つかることが多いそうです。
例えばこんな動物。
http://umablog1.blog110.fc2.com/blog-entry-188.html
Ani113
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いわゆる、精神の力を使って次元を通りぬけたので異次元の動物、想像上の動物が現実に現れてしまうということのようですが。
ワタスはこれは本当かガセネタなのか。
本当なら頭の痛くなる話です。

とにかく奴らは、異次元とのゲートを開く実験をやっているのです。CERNはそのまんまの実験です。
そして親玉は異次元人であって、次元を超えてやって来る人だ。
ワタスが前から何度も書いていることです。

yuponより注釈;ヨーロッパで行われているCERN実験については、ブログ「つながっているこころ」のふるいちまゆみさんがとても興味深い考察をされています。たとえばこの記事。これに関連して日本でおこなわれているJ-PARCの実験も最近の異常気象との関連がありそう。
筑波から岐阜のスーパーカミオカンデに向かってなにやら高エネルギーを打ち込む実験をやっているらしい。ノーベル賞の科学者・小柴センセ関連の実験ですね。この実験をやると浅間山が噴火するという実績もあります???ちなみにうちの家は筑波-浅間山-カミオカンデのライン上にあるんですよ。


皆様、もう昇天してしまったでしょうか。
ワタスもこの話を聞いた時は、何度昇天したか分かりません。
ビクビクっ、体が何回も痙攣して、気が遠くなったのを覚えています。
聞いた後は、ぐったりとして虚脱感だけが残りますた。真っ白になって何も考えられなかったものです。
中に浮いているような感覚とでも言いましょうか。

ワタスはこの話を最初は信じられませんですた。しかし、今は信じています。
皆様も、いろんなところで自分で調べてみて下さい。
最初は誰でも信じられないとは思いますが、自分なりに調べれば何かしら出てくるはずです。

長くなってしまったので続きはまたです。
しつこいようですが、まだまだ、このシリーズは続くのです。
次からは、あまり書きたくないことを書きます。読むと気分が悪くなるかもしれません。
ワタスも聞いた時はしばらく食事ができませんですた。
食べていた牛丼をゲロゲロと吐いてしまったのは言うまでもありません。
ニムロデ、セミラーミス、タンデムさん。それはベム、ベラ、ベロも真っ青の妖怪三人衆と書きますた。
そして、EUの中心地ベルギー。なんでベルギーなんだと言う話。

宮澤賢治さんの雨にも負けず。
良く見聞きし分かりそして忘れず。
いつも静かに笑っている。

奴らを理解し、この世界を理解すると自然と笑みがこぼれてきます。
気がふれてケタケタと笑いだすだけという人もいますが。
キチガイだ。まさにこの世はキチガイ世界なんだ。
ワタスはキチガイ世界に生まれていたんだ。
よーしこうなったらこれからパンツ一丁で暮らそう!皆様も自然とそう思うかもしれません。
目覚めは近いのです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

新しいドル!?

「ロハス」とは、ほど遠いネタをひとつ・・・
新しいドル札のいんさいだあ情報とか。

以下、Gold Wars ~ 金復活 というサイトより転載


2009年12月28日、米連邦銀行会議のシークレット情報が外部に漏れた。このインサイダーを入手したのは、アナリストのボブ・チャップマン氏。彼の話によると、FRBは新ドル札(ブルーノート)を発行し、ドルの切り下げを行う準備を完了したということだ。上記写真は、ボブ・チャップマン氏が入手した今年発行予定の新ドル札。金兌換紙幣になるかどうかは不明だが、借金を踏み倒すための行動が年内に実行される見通し。その場合、年末までに、金が2500ドル、銀が100ドルを超えると彼は予測している。
20100113055933db9s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

転載おわり

アメロという北米統一通貨のウワサやらこのブルーノートのウワサやら。
いったいどれが本当なの?
このお札、ピラミッドに一つ目のマークはないんだろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金玉ブログより 2

「黄金の金玉団」という秘密結社のめんばあになったつもりはないのですが、
お客様のリクエストに答えて、金玉ブログのコピペ第2弾です。

別に隠すほどの恐ろしい話でもないと思いますが、ウワサ話というのは「これ秘密だけど、あなたにだけ教えるからね」というヒソヒソ話スタイルにしたほうが早く広まる・・・ということで・・・・玉蔵さんもなかなか人間心理につけ込んだ作戦をとっておりますなあ。

それにつけても、この「ブロ友限定公開記事」を読むためにFC2の質面倒くさい手続きにもめげずにブログを立ち上げた酔狂人が500人もいるそうです。(かくいう僕もそのうちの一人だ)

 <黄金の金玉を知らないか?ブログの「1月5日付けブロ友限定公開記事」より以下転載・コピペです。>


なぜチベットなのかについて


さて、続きです。
前回の記事でもはや、皆さんは耐えきれずに昇天してしまったでしょうか?
ワタスが聞いた時にはドラえもんか!ドラえもんか!と何度も叫んでしゃくりあげるように昇天したものです。
新年です。
何度も心ゆくまで絶頂を迎えて下さい。
あなたは普段から虐げられているキチガイさんです。誰も気にも留めないでしょう。

さて、エノク書より続きます。
エノク書にあるように天使の間で対立が起きて、一方が地獄のような場所に幽閉されることとなった。
堕天使さんたちは約束の日まで地下に閉じ込められたのですた。

エージェントさんによれば、これは異星人間で対立が起きて戦争になった。
そして一方が別次元に飛ばされたという話だというのです。
何故そうなったかのはまた別に書くとして、異次元の話を書きます。

地下の空間とも、異次元とも言われる場所にその人類創生に関わった生物はいる。
ワタスはもちろん見たことはありませんが、エージェントさんは口から泡を飛ばしてそういうのです。SFとしてはとても面白い話ですが、ワタスは聞いた当時はまったく信用しませんですた。今ではいろんな情報に接するようになり信じるようになりますたが。

この我々が住んでいる空間とは陸続きのようにところどころにつながっている次元がある。膨大な大きさの地下空間である可能性もありますが、なんともスカポンチンでトンデモ話なのですが、その場所には異次元につながるゲートでしか行けないのです。
意味が分からないのは、その人達は、今は別の次元にいるという部分です。
人間が今住んでいる次元と、干渉しあうような次元が存在する。
そしてところどころに我々の住む次元と入り混じって入口が通じている。
宇宙人じゃなくて異次元人。

リサランドールさんの5次元の世界という動画をご紹介したかと思いますが、
今、我々が住んでいる次元というのは、4次元です。
1次元というと、長さだけしか存在しない世界です。長さという軸しかない。
2次元だと平面になります。縦と横という軸で表せる世界です。
3次元だと、平面にプラスして高さが加わった世界、平面が縦方向にいくつもあるようなイメージでしょうか。
4次元というのは、この空間に時間という軸が加わります。時間ごとに空間がいくつもあるイメージです。

皆さんは、ある人に会うには、時間と場所を指定しますが、
我々が住んでいる世界では、時間と、縦、横、高さを指定すれば会うことができます。
そういう世界に住んでいます。ここまでは良いでしょうか。

さて、では4次元ではなく一つ上の次元、5次元とはなんでしょうか。
これは我々の住む空間にもう一つ軸が加わって、我々の住んでいるのと同じ空間がいくつも並んでいる世界です。
我々が5次元の存在になれば、いくつもならんだ4次元を認識できる。
我々の住む次元とは平行して別の次元がいくつも存在している。
我々の知覚では実感できないだけないのですが、確かにあるのです。

例えばアリンコさんがいたとします。
アリンコの感覚器官というのは人間とは違います。
小さなアリさんが科学を発達させたとしたら、また我々の発達させた科学とは別なものになるでしょう。
例えばちっぽけなアリンコさんが世界はこんなものだと結論ずけたとして、あなたはどう思うでしょうか。そんなちっぽけな世界ではない。もっと世界は広がっているのだと言いたくなるのではないでしょうか。

人間の科学など電気を使い始めてから100年ちょっと。
100年ほど前は、電灯じゃなくて行燈を使っていたのです。
それで別の次元など存在しないとか、異次元人がいないとか。
なんで結論づけられるのですか。
ろくな捜査もしないで事件性なしなどと断じる警察のようではないですか。
ライブドアの取締役が沖縄で割腹自殺など、今の時代にハラキリする侍がいますか。ちゃんと調べたのですか。
そういう話です。

この世界はエネルギー場になっている。
仏教でいうところの色すなわち空。
虚無の世界、何もないような世界であっても、何故か、その中から有が生まれてくる。
なぜなら、そこにあると認識する観察者がいるからからこそ、そこに何かがあるように見えるのです。実際は何もないのです。
手で触ると何かがあると思うのは、手で触るという行為が何かを生み出すのです。
意味が分かるでしょうか?
我思うこそ我あり。そのように我々が認識するから、そこに物体が存在するということです。
そういう世界に我々は住んでいる。
まさに映画マトリックスがいうようなバーチャルリアリティ空間です。
ですから、その異次元とも言うべき存在は、我々の世界がそうあれかしと信じる世界と別の存在がそう思って信じている次元。その間の次元のゲート。
それを通ってのみ到達できるのです。
宇宙の果ては膨張しているなどという宇宙理論はまったく根拠がないのです。
まぁ、ここら辺はもっと人類の科学が進めば明らかになる話でしょう。
ワタスだって証明せよと言われてもどうもそうらしいとしか言いようがないのですが。

さて、その昔、ナチスは、チベットにあるという亜空間ゲートを必死に探していた。
チベットに探検団を派遣していたのです。ナチス陥落の際、ベルリンで最後の決戦をやったのですがベルリンの通信管理センターでの戦闘での死者はチベット人が多かったということです。なぜチベット人がそんなところにいたのでしょうか。
奴らの思想にハートランドを押さえればこの世は支配できる。という地政学というのがありますが、実は地政学というのと、チベットというのは密接な関係があるのです。

地政学という学問をご存じでしょうか。
ハートランドとリムランド。
最初にリムランドを押さえればハートランドを抑えることができる。
そして、ハートランドを押さえれば世界を支配することができる。
そんな感じの学問です。

羽ウスホーファーというナチス当時のミュンヘン地政学研究所の所長がいます。
日本とドイツの間で第二次世界大戦のときに日独の同盟を結びましたがドイツ側の功労者として、羽ウスホーファーは
日本政府から勲二等瑞宝章を授与され人物です。
この羽ウスホーファーさんは、皆さんが知っている小浜市のヒーローオバマさん。
そのオバマさんの師匠で有名なズビっとグニゅっとブレジンスキーさん。
その師匠です。

実はこの羽ウスホーファーさんがチベットに探検団をしきりに派遣していたのです。
知っている人もいるかと思います。
2012年という映画を見ますたが地球が滅亡するので脱出用の船。
これはきっとノアの箱舟を模しているのだと思いますが、それが何故だかチベットにある設定になっていますたね。なんでチベットなんだろう?と不思議に思った人もいるのではないでしょうか。
ワタスはチベット探検団から来ているのだと思います。
とにかく亜空間ゲートを探していたのです。

良く地球の内部が空洞になっていて、その生命体が住んでいるのは地球の裏側ではないかという話があるのですが、その場所は亜空間ゲートのようなものを通らないと到達できないような場所なのです。
地球空洞説はまったく根拠のない話です。惑星の内部に小さな太陽があるなどという天体が宇宙にありますか。どこか発見されたら教えて下さい。地球がそのような構造になっていたら、なぜだか知らないが地面がポカポカする。床暖房だという話になるでしょう。残念ながらワタスの家はかなり底冷えします。オール床暖房だったらどんなに良いか知りません。
そんな話ではないのです。

すみません。書いていると長くなってしまいます。
新年早々骨が折れる話です。

長くなりそうなので、次回です。
本当にありがとうございますた。


2010/01/05(火) 13:48:07| 雑談 | トラックバック:

| | コメント (3) | トラックバック (0)

金玉ブログより 1

お客さまからのリクエストに答えて、金玉ブログよりのコピペで情報拡散に協力します。

Dscn2364
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
↑ 作秋、うちで採れた、「金玉トマト」


<以下転載・1月3日の記事より>

エノク書について


皆様あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、新年早々ブロ友限定公開記事です。
ここを読めるのはブロ友様だけなのですた。
ブロ友の皆様、今後ともよろしくお願いします。

さて、世の中には自分が正しいと思っても言えば言うほど不利になってしまう。そういう事柄は良くあることです。誰も信じないような内容を信じてくれ!といくら声高に叫ぼうが自分の信用が落ちるだけなのです。まぁ、前にも書きますたが奴らの親玉は次元を超える人だ。
そんなことを言えば普通に考えて、世間一般にはトンデモ話に分類されてしまうことでしょう。だからキチガイブロ友だけの公開にするのです。
ここを読んでいるブロ友の皆さんは世間一般の常識からかけ離れた生活をされている方々です。頼もしいことこの上ありません。
きっと普段から罵詈雑言を浴びせられ虐げられて生きているのでしょう。
そのイタイケナでやるせない気持ち。金玉にジンジン響びきます。
むかしインキンタムシの薬をつけたかの如くです。
金玉にしみいるシンパシー。
この愛の波動を今年も全開にしていきましょう。

新年早々、非公開記事は敏感な部分に嫌というほど触れます。
辺りをはばからず昇天して下さい。
PCの画面を見ながら悶絶するあなた。
普段からキチガイ扱いされているので誰も文句は言いません。

さて、冗談はさておき、これから世界統一政府に向かって奴らは次々に手を打ってくるでしょう。そんなことは誰も計画していない。世界統一政府なんかできない。
そう思う人達。
それが世間一般では常識です。まさかこの現代社会においてそんなおバカなことを考えている連中がいるなどと、漫画か!と突っ込まれるだけなのです。
本当だ信じてくれ!と、いくら叫ぼうがこっちの方をキチガイと罵られるのです。

ワタスの親類もテレビ討論番組で未だに竹中平蔵さんを応援していますた。
ワタスが郵政民営化を進める人物を応援するなど日本人のやることじゃないなどと言ったら、ワタスはボケていて善悪の判断ができないんだと言われますた。その親類の理論では亀井さんは金権政治家で、竹中さんはクリーンな政治家という判断になっているようです。
まぁ、一面を捉えればそのように思えるのかもしれませんが。

ハーメルンの笛吹きについていってしまう人達をどうしたら助けたら良いのだろうか。
ワタスなりにできることはあるはずだ。
それが今回のブロ友募集の理由ですた。
我々一人一人はちっぽけなミジンコみたいな存在でも、何かしらできるはずです。
ブロ友は400人近くとなりますた。400人も集まれば何らかのパワーになります。
今後とも奴らのインチキ電波に支配されたこのおバカな世界に亀裂をいれる。
金玉を振り乱してやってみせる。
やらせはせん。
今後展開するのはそういう活動です。ご協力お願いします。

さて、エノク書というのは以下で読めます。
検索して見つけますた。一部しか書いてないのですが。

http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/urchristentum/ap_enoch.html

ちなみにエノク書というのはいろんな言語バージョンがあります。
エチオピア語、アラム語、へブル語、ギリシア語、シュメール語など。
つまり、今は改編につぐ改編で原型をとどめてないものが出回っているのです。
それで結局は信頼に足らない物として、偽書とされたのでしょう。
エチオペア正教では偽書ではなく聖書として数えられているようですが。

実はエノク書の改編前の原本はバチカンにちゃんと保管されています。
聖書というのは、膨大な文献の中で公開が可能なものだけ公開されているに過ぎません。公開されているのはほんの一部なのです。
アレクサンドリアにあったアレクサンドリア図書館。
その当時は羊の皮とか石板とかいろいろなものに書かれた文献。50万冊あったということですが
前にほとんどの文献は燃やされたと書きますたが、消失したとされた重要文献の一部もバチカンが保管しています。
旧約聖書の世界。1万7000年前からの人類の歴史の詳細が記載されているちゃんとした歴史書があるのです。

エノク書や古代図書館にあった文献が普通に書いてる真実。
単なる神話のようにも思える話ですが、これはまぁ、その非常に書きづらい話ではありますが太古の昔、人間より高度な科学技術をもった知的生命体が人間を作ったという話が書かれてあります。
今では非公開にされている文献には空飛ぶ円盤に乗った知的生命体がやってきて人類を作ったということが普通に書かれているのです。
エージェントさんによれば、人類は24種類?だったと思いますが、宇宙人の遺伝子の組み合わせ(ハイブリッド生物)ということのようです。

エノク書には監視団と呼ばれる人を監視していた天使の一団がいてその中のグリゴリという一派が堕天使になってしまった。
天使から堕天使になった理由は、高慢と嫉妬、自由意思と言われています。
なんだか意味がわかりませんが、ネット上にもいろいろ載ってますので参考にしてみて下さい。
結局のところ、天使の中のグリゴリ一派が地に落ちて悪魔になってしまったという話になっています。

グリゴリ一派

アザゼルさんについて

失楽園について

ジョンミルトンの失楽園という小説を聞いたことがあると思いますが。あれです。
堕天使さんたちは天使のくせして人間を妻にめとり人間と天使の合いの子を作ったりいろんな知識を人間に与えた。
その知識というのは天文学、占星術、薬学、魔術、武具の知識から腕輪・指輪などの装飾品、化粧法など多岐にわたったそうです。
これによって、人間の男は戦争を覚え、女は化粧して男たちに媚びる術を覚えた。
旧約聖書の上では、地が悪に満ちたという書き方になっています。
そして、堕天使さんたちは天界から追放されて、地下の地獄のような場所に審判の日が来るまで幽閉されることになったという訳です。
ちなみにスケープゴートの話を知っていますか。
つまりゴート=ヤギさんですが。これもこのエノク書から来ています。
奴らはヤギの悪魔マークを良く使いますね。知っているでしょうか。
いろんなところに出てきますが、それは後々書くことにしましょう。


ワタスがエージェントさんから聞いたのは、人間がサルから進化したなどという進化論は、スカポンタンな作り話であって、科学的根拠などまったくないということのようです。
そもそも猿から人間に進化したとするならば、その進化過程の人間とも猿とも言えないその中間の生物がいたという
痕跡があるはずですが、化石すら出てこないのです。
ミッシングリングと呼ばれています。
基本的に進化論などというものは作り話と考えた方が良いのです。
納得のある反論があれば教えて下さい。ワタスだって進化論の方をどちらかというと信じたいのですが。
そうは問屋が卸さないのです。

まぁ世間一般から言わせれば地球人が他の知的生命体から作られたと考える方が作り話に思えますが、奴らは、他の知的生命体が人類を作ったという歴史の方を真実と信じています。
そしてどうでも良い人達にスカポンタンな進化論や偽造された歴史を教えているのです。真実は小説よりも奇なり。
真実の歴史、太古の昔の記録は、一部の人間しか読めません。
そして、一部の異端と呼ばれるキリスト教一派やバチカンなどに受け継がれているのです。

エノク書の内容を読めばわかりますが、太古の昔に知的生命体の間で争いがあった。
人類創造と言えば聞こえは良いのですが、生物実験なのです。
それに反対していたグリゴリ一派は実験を阻止しようとした。
旧約聖書中に人間の女を妻にめとり人間にいろいろな知識をさずけたとされていますが。
真実は自分の遺伝子を組み込んだということのようです。
アダムとイブの話でいうところの蛇。
イブを誘惑して知識を授けたと言われる蛇で表される生命体。
この蛇天使が、別次元に追い出された。

人間に知識を授けたのだから良い天使のようにも思えるのですが、
旧約聖書では悪い天使=堕天使になっています。
奴らが善と悪が逆転しているのは、この堕ちた方の天使を良い神様と信じているからなのです。
なぜなら自分達はその遺伝子を受け継ぐ存在だと信じているからなのです。
そして、落とした神様を悪だと思っているのです。

これが奴らがアベコベ村のアベコベ星人の理由です。
旧約聖書上の話と思いきや、事実を元にしている話だというのです。
新年早々キチガイな話で申し訳ありません。
実際奴らが信じている話はそういう話です。

長くなりそうなので次に続きます。
本当にありがとうございますた。

<転載おわり>

| | コメント (3) | トラックバック (0)

玉蔵さんへのラブレター

毎日見る「ルーチンブログ」があります。
そのルーチンブログの一つで、有名ブロガーの「黄金の玉蔵」さんが、世の中の「キチガイブログ」を集めて、お友達の輪を作り、ユダヤ金融資本の闇の勢力と対決したい、との意向で「キチガイブログ」を集める行動に打ってでました。

面白い企画なので誘いに乗ってみることにしました。

以下FC2 というサーバーに臨時開設した「yuponのロハスな日々 FC2版」の記事より転載します。

<転載開始>
玉蔵さん、皆様こんにちは。
こんにちは
yuponと申します。
玉蔵さんのブログには何度かコメント書き込みをしましたね。
このFC2のブログは玉蔵さんとブロ友になるために開設しました。

僕自身は「ココログ」というサーバーでブログを書いています。

自分で書きなれたブログのほうが使いやすいので、多分これからもココログの方をメインに更新すると思います。
玉蔵さま および 興味があるかたはそちらのサイト
yuponのロハスな日々
http://yupon7635.cocolog-nifty.com/blog/
をご覧ください。こちらのブログはこの秋に開設したものですが、精力的に「いかれた」自分のライフスタイルを綴っております。

このFC2のブログはあくまでも玉蔵さんとブログ友達になるためにわざわざ開設したものなので、たぶんあまり更新はしません。複数のブログを管理するほどヒマじゃないのよ。

せっかくだからちょこっと自己紹介しておきます。

僕は50歳♂  女房+子供3人。
今日の経済恐慌を予見して1985年に田舎暮らしを始めました。それは資本主義・石油文明の終焉を見越してのことですが、玉蔵さんに20年先駆けてこの道に入った者です。
そのきっかけは原子力発電です。原発に見え隠れするやつらのやり方に気づいたのがこの道に入るきっかけでした。
そして、911事件を機に「これはやつらとの決戦の時が近い」とはっきり自覚しました。


でも僕は普段の見かけは普通の人です。人前でふんどし姿なんかにはなりません。髪も伸ばしていませんし、ひげも生やしていません。タバコやドラッグも一切やりませんし、「やらせはせん」とも叫びません。
でも女は大好きです。

ロックもロスも天が遣わした「悪役」だと思ってます。
小泉も竹中も大作も隆法も彰晃も悪のお役目をこなしておるのですよ。
最近そういう天のシナリオを痛切に感じます。
こういう時代に生を受けた自分の役割とは何か?
自分はどういう役を受けてこのキチガイ世界に生まれたのか・・・・この地球という監獄に。

昔昔、五井野正さんのところにもいました。玉蔵さん、五井野正さんはご存知ですか?
僕は五井野さんと一緒に白装束のケサを着て、駅でタバコの吸殻拾いをやってポイ捨て防止の運動をやったこともあります。

いま、僕はさりげなく、でも真剣にこの世界から次の時代への架け橋を探る日々を過ごしております。
まあ、自分はホンモノのキチガイだと思いますがが悪役になるのはゴメンですからね。

もちろん玉蔵さんに言われるまでもなく、備蓄体制は整え、食料は自給し、家も自力で建てました。もちろん田舎です。玉蔵さんの疎開先からも近いと思います。
電気も自給してますし、お風呂も太陽熱で沸かしてます。薪も使っています。
化石肥料や農薬無しの自然農の野菜や穀物を家族でもりもり食べています。
ビールも自家醸造で自給しています。
なけなしのマネーはほとんど現物に換えました。銀行預金は5万円。浮世絵もコレクションしています。ゴールドの現物もちょびっと用意しました。備蓄食料も1トンは確保してますし、それに手をつけなくてもいいくらいの農耕はやっています。(備蓄品はいざというときに少しでも人助けできるように蓄えているつもりです)
ウンコ紙も沢山備蓄しています。なるべく手で拭くのは避けたいから。

やつらの悪を言い募るだけでは問題は解決しない。
すべての問題はこの世界に生を受けて現れている個々人の心の内にある。
突破口は日々の暮らし・・・・いかに天の意思に沿うような生き方ができるか?というところに帰結する。
そう思っています。

そんなさりげないロハスな日々を自分のブログに書き綴っています。ぜひ起こしください。

ところで、玉蔵さん! 今回のキチガイブログ集めのプロジェクトはなかなかのアイデアですね。
あえて玉蔵さんの、その戦略に乗ることにしました。
これからもよろしくお願いします。

それと、ココログのほうのブログにはこれまで玉蔵さんのブログをリンクしてなかったのですが、これからリンクをはります。

これからの混乱の時代、誰と手をとりあって乗り越えていこうかなあ、と仲間を探しています。
今のところ一番感性が合う「藤原直哉」一家のところにワラジを脱いでおります。ご縁ですな。
リチャードさんのところに行こうかなあとも思ったのですが・・・あそこは若いねえ。

玉蔵さんともリアルに交流したいですねえ。手作りビールを沢山持って遊びにいきますよ。ぜひ誘ってくださいな。


<転載おわり>

| | コメント (2) | トラックバック (0)